タイトル等
高松松平家と県立工芸学校
会場
香川県立ミュージアム
常設展示室1
会期
2022-01-02~2022-02-27
休催日
毎週月曜日(月曜日が休日の場合は、原則として翌火曜日)、12/25~1/1
開催時間
9:00~17:00
(入館は16:30まで)
観覧料
一般410円、一般団体(20人以上)330円
概要
明治31年(1898)、「勧業知事」と呼ばれた徳久恒範県知事のもと、香川県工芸学校(明治34年、香川県立工芸学校と改称)が設立されます。その後、戦前期を通じて、工芸学校関係者が制作した作品が松平家へ納められています。
本展では、それらを通して、工芸学校と松平家との関係や作品制作の背景について考えます。
会場住所
〒760-0030
香川県高松市玉藻町5-5
交通案内
■ JR高松駅から 東へ900m
■ ことでん 高松築港駅から 東へ800m
■ ことでん 片原町駅から 北へ500m
■ ことでんバス「県民ホール前」下車 徒歩2分
◎ 岡山・愛媛・高知方面から
…高松自動車道 高松西ICより 車で約30分
◎ 徳島方面から
…高松自動車道 高松中央ICより 車で約25分
◎ 高松空港から
…JR高松駅まで リムジンバスで35分
ホームページ
http://www.pref.kagawa.lg.jp/kmuseum/
香川県高松市玉藻町5-5
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索