タイトル等
野の香に愛でる 日本絵画の妙
会場
香川県立ミュージアム
常設展示室1
会期
2021-10-01~2021-12-24
休催日
毎週月曜日(月曜日が休日の場合は、原則として翌火曜日)、12/25~1/1
開催時間
9:00~17:00
(入館は16:30まで)
観覧料
一般410円、一般団体(20人以上)330円
概要
自然の形は偶然なるもの、その色彩は陽光の赴くままの振る舞いにもたとえられます。古来、日本人は自然を尊び、四季を通じて多くのことを学び、その過程で美に対する意識を育んできました。
本展では、幕末から明治そして現代へと繋がる日本の伝統絵画がいかに受け継がれてきたのか、松平家に伝わる絵画資料や香川ゆかりの作家の近代日本画を通して紹介します。
会場住所
〒760-0030
香川県高松市玉藻町5-5
交通案内
■ JR高松駅から 東へ900m
■ ことでん 高松築港駅から 東へ800m
■ ことでん 片原町駅から 北へ500m
■ ことでんバス「県民ホール前」下車 徒歩2分
◎ 岡山・愛媛・高知方面から
…高松自動車道 高松西ICより 車で約30分
◎ 徳島方面から
…高松自動車道 高松中央ICより 車で約25分
◎ 高松空港から
…JR高松駅まで リムジンバスで35分
ホームページ
http://www.pref.kagawa.lg.jp/kmuseum/
香川県高松市玉藻町5-5
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索