タイトル等
日本画の150年
明治から現代へ
会場
茨城県近代美術館
会期
2021-04-17~2021-06-20
入場はオンラインで「日時指定WEB整理券」(無料)を取得された方が優先となります。
予約は、来館日の1ヶ月前より可能です(各時間帯の定員に達し次第、締め切ります)。[日時指定WEB整理券」の詳細は当館HPを御覧ください。
休催日
月曜日 ただしGW中の5月3日(月・祝)は開館、5月6日(木)休館
開催時間
午前9時30分~午後5時
(入場は午後4時30分まで)
観覧料
一般610(490)円/満70歳以上300(240)円/高大生370(320)円/小中生240(180)円
※( )内は20名以上の団体料金※障害者手帳等をご持参の方は無料 ※6月5日(土)は満70歳以上の方は入場無料 ※土曜日は高校生以下無料 ※茨城県立の美術館(近代美術館、天心記念五浦美術館、陶芸美術館)主催の展覧会で1年間に何回でもご利用いただける共通年間パスポート(一般3,150円/高大生2,100円/小中生1,050円)を各美術館にて販売中
主催者
茨城県近代美術館
協賛・協力等
◇後援:水戸市/朝日新聞水戸総局/茨城新聞社/NHK水戸放送局/産経新聞社水戸支局/東京新聞水戸支局/日本経済新聞社水戸支局/毎日新聞水戸支局/読売新聞水戸支局
概要
幕末から明治にかけて西洋絵画が本格的に紹介されるようになると、人々はその写実的な表現に驚きました。画家たちの中には、西洋絵画の技法を学び油彩画に取り組んだ人々がいる一方、岩絵具や和紙といった日本の伝統的な画材を基盤としながら、西洋絵画の表現も取り入れつつ、あらたな時代にふさわしい日本画の創造を目指す人々も現れました。
明治期には横山大観や菱田春草らが、空気感や内面的な感情をどのように表現するかについて試行錯誤し、芸術の自由が標榜された大正期には、今村紫紅や速水御舟らが独創的な作品を発表しました。古典が見直された昭和前期を経て、戦後、伝統的なものが否定される状況から再出発した画家たちは、それまでの日本画ではあまり扱うことのなかった主題にも取り組み、戦前とは表現を一変させました。人間の存在を問うような作品が描かれたのもこの時期の特徴です。その後登場した戦後生まれの画家たちは、明治以来続いた、西洋絵画を意識しながら日本画を描くことからは距離を置き、日本画ならではの特性を生かした制作を行っています。
本展では、受け継がれてきた伝統や技法に基づきながらも、独自の表現を打ち出し、時代を切り開いてきた画家たちの作品を多数展示し、明治から現代に至る日本画150年の流れをたどります。
イベント情報
学芸員による鑑賞講座
日時:5月1日(土)午後2時~3時
会場:地階講堂
講師:今瀬佐和(本展担当学芸員)
定員:80名(要事前申込・参加無料)

ワークショップ「和紙でつくる小物」
日時:5月8日(土)午前10時~正午
会場:地階講座室 講師:当館職員
定員:15名程度(要事前申込) 参加費:無料(要企画展チケット)
対象:どなたでも ※小学生以下は保護者同伴でご参加ください。

イベント申込方法
■来館の場合…当館総合受付にて申込書を記入。
■往復はがきの場合…往信用文面に希望者全員(1枚につき4名様まで)の①氏名②年齢、代表者の③住所と④電話番号⑤参加を希望するイベント名、返信用宛名面に返信先(代表者の住所と氏名)を記入し、当館「日本画の150年 鑑賞講座係」もしくは「日本画の150年 ワークショップ係」まで送付。
■Eメールの場合…件名にイベント名、本文に希望者全員(1枚につき4名様まで)の①氏名②年齢、代表者の③住所と④電話番号を記入し、下記の申込専用アドレス宛に送信。必ずパソコンからのメール(当館からの返信)を受信できるアドレスからお申し込みください。
■各イベント申込用Eメールアドレス
・鑑賞講座係 kansho@modernart.museum.ibk.ed.jp
・ワークショップ係 washi@modernart.museum.ibk.ed.jp
■申込締切:鑑賞講座 4月15日(木)必着/ワークショップ 4月22日(木)必着
※定員に達した時点で受付を終了いたします。※詳細は当館HPをご覧ください。
展示替え情報
※5月17日(月)に一部展示替えを行います
ホームページ
http://www.modernart.museum.ibk.ed.jp/exhibition/kikaku/index.html
会場住所
〒310-0851
茨城県水戸市千波町東久保666-1
交通案内
【電車・高速バスをご利用の場合】
■水戸駅まで
◎ 電車 /
上野駅から JR常磐線、特急列車で約1時間、JR水戸駅下車。
◎ 高速バス /
JR東京駅 八重洲南口バスターミナルから、JR水戸駅まで約2時間。

■水戸駅から
◎ 徒歩 /
水戸駅南口から 約20分。
◎ バス /
水戸駅北口⑧番のりばから乗車約5分、「文化センター入口」にて下車。
◎ タクシー /
水戸駅南口から 約5分。

【車をご利用の場合】
常磐自動車道
水戸インターから、国道50号バイパス経由、約20分。
北関東自動車道
茨城町東インターから 約15分。
ホームページ
http://www.modernart.museum.ibk.ed.jp/
茨城県水戸市千波町東久保666-1
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索