タイトル等
長崎開港450周年記念
長崎港をめぐる物語
会場
長崎県美術館
常設展示室 第1・2室
会期
2021-04-07~2021-06-13
休催日
毎月第2・第4月曜日
開催時間
10:00~20:00
(最終入場は19:30)
観覧料
一般420円(340円)、大学生・70歳以上310円(250円)、小中高生210円(170円)/県内在住の小中学生無料
※( )内は15名以上の団体割引料金。 ※減免措置はコレクション展に準じます。
主催者
長崎県、長崎県美術館
協賛・協力等
協力|長崎県菓子工業組合 特別協力|船の科学館「海の学び ミュージアムサポート」
概要
元亀2年(1571)、ポルトガル船の入港を契機に開港した長崎港。海外との窓口という重要な機能を果たした近世はもちろん、それ以降も現代にいたるまで、長崎港は時代に応じて様々に役割を変化させながら、長崎の歴史と文化を紡ぎだす営みの中心的な存在でありつづけました。開港450周年を記念して開催する本展では、美術を通して長崎港の魅力や機能に迫ります。いま、長崎港を見つめなおすことは、港とともに生きる私たちの、そして長崎の未来を思い描くことにもつながってゆくでしょう。
イベント情報
象が海からやってくる
江戸時代、時の将軍徳川吉宗に献上するために連れてこられた2頭の象は、長崎に上陸し、江戸城までの道すがら、多くの驚きとともに人々に迎えられました。世界的に活躍するアーティスト・島袋道浩の手によって、象の物語がいま、よみがえります。

日時・参加方法については後日長崎県美術館ウェブサイトにてお知らせします。
ホームページ
http://www.nagasaki-museum.jp/permanent/archives/660
会場住所
〒850-0862
長崎県長崎市出島町2-1
交通案内
路面電車
○出島電停 徒歩3分
○市民病院前電停 徒歩2分

バス
○長崎新地ターミナルバス停 (空港リムジンバス、高速バス含む※) 徒歩5分
○大波止バス停 (空港リムジンバス、高速バス含む※) 徒歩8分
○長崎県美術館バス停(土日祝のみ運行。)

JR
○JR長崎駅 徒歩15分

フェリー
○長崎港大波止ターミナル 徒歩10分


○長崎自動車道・長崎ICより 長崎出島道路経由 5分

※ 空港リムジンバス・高速バスは、出島道路経由など一部の便が停車します。高速バスは、大波止バス停のみ停車する便もあります。詳しくは各交通機関へお問合せください。
ホームページ
http://www.nagasaki-museum.jp/
長崎県長崎市出島町2-1
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索