タイトル等
中西利雄展
会場
田辺市立美術館
会期
2004-02-17~2004-03-28
休催日
月曜日
開催時間
午前10時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
観覧料
一般 600円(480円)
大・高生 400円(320円)
小・中生 200円(140円)
※( )内は20名様以上の団体割引料金
★土曜日は小・中学生及び同伴する保護者や指導者の観覧料は無料です。
主催者
田辺市立美術館
概要
近代的な作風で昭和期の水彩画に一線を画した中西利雄の展覧会を開催します。
中西利雄は生涯一貫して水彩画の表現の向上にとりくみ、その作品は1934(昭和9)年の帝展で特選を得るなど、画期的な活躍をしました。また、後には、官展と決別して新制作派協会を結成し、その発展に力をそそいで同時代の画家たちに影響を与えた、近代の洋画界に大きな存在感を示す水彩画の巨匠です。
中西利雄は1900(明治33)年、東京に生まれ、日本水彩画会の研究所で学んだ後、1922(大正11)年に東京美術学校西洋画科に入学します。この年には大正、昭和期の水彩画に新風を吹きこんだ蒼原会の前身、東京三脚会を結成し、以降もこの会のリーダー的な存在として会の活動を牽引しました。1928(昭和3)年、フランスに渡って、パリを拠点にヨーロッパ各地を巡り、サロン・ドートンヌにも2回入選します。1931(昭和6)年、帰国して滞欧作を発表し、以降も帝展、光風会展等で華々しい活躍をします。1936(昭和11)年には帝展の改組を期に官展と決別し、小磯良平、猪熊弦一郎らと新制作派協会を結成して、作品を発表するとともに会の発展に尽力しました。
1948(昭和23)年、病に倒れ、47歳の若さで生涯を閉じますが、理知的で都会的なセンスにあふれる作品の数々は没後50年以上たった今も耀きを失っていません。約100点の作品と素描等により、あらためて中西利雄の画業を振り返ります。
ホームページ
http://www.city.tanabe.lg.jp/bijutsukan/
展覧会問合せ先
Tel.0739-24-3770 Fax.0739-24-3771
会場住所
〒646-0015
和歌山県田辺市たきない町24-43
交通案内
「JR紀伊田辺駅」・「JR白浜駅」・「南紀白浜空港」から明光バスで、
「南和歌山医療センター前」または「新庄紀南病院前」下車、徒歩5分。
ホームページ
http://www.city.tanabe.lg.jp/bijutsukan/
和歌山県田辺市たきない町24-43
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索