タイトル等
高山辰雄 展
会場
茨城県近代美術館
会期
2004-01-31~2004-03-28
休催日
毎週月曜日、梅祭り期間中(2/20~3/28)の月曜日は開館、但し、3/1(月)は展示替えのため休館。
開催時間
9時30分~17時(入館は閉館の30分前まで)
観覧料
一般830(700)円/高大生580(470)円/小中生350(230)円
※( )内は20名以上の団体料金及び入場引換券(JR東日本びゅうプラザ、緑の窓口で1/17より発売)の料金
主催者
茨城県近代美術館
概要
茨城県近代美術館では、90歳を越えた現在でも現代日本画壇の最先端で精力的に活躍している高山辰雄の回顧展を開催いたします。
高山辰雄は明治45年大分県に生まれ、東京美術学校在学中の昭和9年帝展に初入選し、戦後は日展の中心画家として活躍を続ける一方、日本芸術院会員就任(昭和47年)、文化勲章受賞(昭和57年)など、現代を代表する日本画家として確固たる地位を築いております。
重厚な画面に対象を象徴的に描出した高山の作品は、人間や自然に対する深い洞察に基づくもので、対象を極限までつきつめて考え作品化していくその姿勢は、さながら求道者のようでさえあります。
本展は、瑠爽画社と一采社で研鑚を積んでいた初期の作品から、象徴的な心象を織りなす画風の確立期の作品、さらにライフワークとして続けている「日月星辰展」を経て、果敢に新たな表現を模索する近年の作品まで、高山芸術の全貌を紹介していきます。
ホームページ
http://www.modernart.museum.ibk.ed.jp/
展覧会問合せ先
茨城県近代美術館Tel.029-243-5111
会場住所
〒310-0851
茨城県水戸市千波町東久保666-1
交通案内
【電車・高速バスをご利用の場合】
■水戸駅まで
◎ 電車 /
上野駅から JR常磐線、特急列車で約1時間、JR水戸駅下車。
◎ 高速バス /
JR東京駅 八重洲南口バスターミナルから、JR水戸駅まで約2時間。

■水戸駅から
◎ 徒歩 /
水戸駅南口から 約20分。
◎ バス /
水戸駅北口⑧番のりばから乗車約5分、「文化センター入口」にて下車。
◎ タクシー /
水戸駅南口から 約5分。

【車をご利用の場合】
常磐自動車道
水戸インターから、国道50号バイパス経由、約20分。
北関東自動車道
茨城町東インターから 約15分。
ホームページ
http://www.modernart.museum.ibk.ed.jp/
茨城県水戸市千波町東久保666-1
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索