タイトル等
画家と作家のくらし
―さまざまな愛のかたち―
会場
世田谷文学館
会期
2004-01-17~2004-03-31
休催日
月曜日 (祝日の場合はその翌日)
開催時間
午前10時~午後6時
(入館は午後5時30分まで)
観覧料
一般 200円/高校・大学生 150円/小学・中学生 150円
65歳以上 100円
※同時開催展「写真展『クマのプーさんと魔法の森へ』」の半券でも観覧可能
概要
小堀四郎と小堀杏奴、東郷青児と宇野千代、伊原宇三郎と由紀しげ子…。世田谷には画家と作家の夫妻が少なくありません。本展では六組十二人の夫妻を美術作品と文学資料でご紹介します。
ホームページ
http://www.setabun.or.jp/
展覧会問合せ先
03-5374-9111
会場住所
〒157-0062
東京都世田谷区南烏山1-10-10
交通案内
京王線 芦花公園駅 南口から徒歩5分

小田急線 千歳船橋駅から
京王バス(「千歳烏山駅」行) 「芦花恒春園」下車 徒歩5分
ホームページ
http://www.setabun.or.jp/
東京都世田谷区南烏山1-10-10
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索