タイトル等
アンドリュー・ワイエスと丸沼芸術の森コレクション展
会場
岐阜県現代陶芸美術館
ギャラリーⅠ・Ⅱ
会期
2021-01-05~2021-03-14
状況により、展覧会や関連の催しに変更が生じる場合がございます。
最新情報は岐阜県現代陶芸美術館HP・Facebook・Twitter等でご確認ください。
休催日
月曜日[ただし、1月11日(月・祝)は開館]、1月12日
開催時間
10時~18時
(入館は17時30分まで)
観覧料
一般1,000円(900円) 大学生800円(700円) 高校生以下無料
※( )内は前売り・20名以上の団体料金
※以下の手帳をお持ちの方および付き添いの方1名まで無料
身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳、療育手帳、特定医療費(指定難病)受給者証
※前売りチケットは、岐阜県現代陶芸美術館、中日新聞販売店、 チケットぴあ(Pコード:685-446)にて販売。(販売期間:11月21日~2021年1月4日。詳しくは岐阜県現代陶芸美術館HPをご確認ください。)
主催者
岐阜県現代陶芸美術館、中日新聞社
協賛・協力等
特別協力:丸沼芸術の森 協賛:加藤智子氏 協力:JR東海
概要
埼玉県朝霞市で若手芸術家たちの制作活動支援を行っている「丸沼芸術の森」は、その優れたコレクションでも広く国内外に知られています。
本展では「丸沼芸術の森」コレクションより、若手作家たちの創作の養分とするべく収集された、アンドリュー・ワイエスの水彩・素描を中心とする絵画コレクション、設立者の芸術志向のきっかけとなった陶芸コレクションの中心を成す、加藤孝造をはじめとする現代の陶芸作品、芸術の森で制作活動の支援を受けた村上隆や入江明日香ら気鋭の作家たちの現代美術を一堂に展示します。アーティストを支え、アートによって社会を豊かにしようと活動を続ける「丸沼芸術の森」の、芸術に対する純粋な情熱を、これらの多彩なコレクションにより紹介します。
イベント情報
関連企画
講演会 「丸沼芸術の森のあゆみ―須崎代表に聞く」
2021年1月23日(土)14:00-15:30
会場:セラミックパークMINO イベントホール
講師:須崎勝茂氏(丸沼芸術の森代表) 聞き手:高橋秀治(当館館長)
定員:40名 ※参加無料、要事前申込[受付開始2020年12月5日(土)]

実技講座 「入江明日香の色彩銅版画にチャレンジ」
2021年2月13日(土) 13:00-16:00
会場:岐阜県現代陶芸美術館 プロジェクトルーム
講師:入江明日香氏(出品作家・銅版画家)
定員:16名 対象:高校生以上
参加費:2,000円 ※要事前申込[受付開始2020年12月12日(土)]

連続講座 「もっと知りたいワイエスの魅力」
2021年1月9日(土) 「Ⅰ:ワイエスのふたつの世界―ペンシルヴェニアとメイン」
2021年1月16日(土)「Ⅱ:ワイエスとオルソン家」
各回14:00-15:30 会場:岐阜県現代陶芸美術館 プロジェクトルーム
講師:高橋秀治(当館館長) 定員:35名(各回)
※参加無料、要事前申込[受付開始2020年12月5日(土)]

鑑賞ガイダンス
展覧会の魅力や鑑賞のポイントを、展覧会担当学芸員が紹介します。
2021年1月10日(日)、24日(日)、2月7日(日)、28日(日)、3月7日(日)
各回11:00-11:15 会場:岐阜県現代陶芸美術館 プロジェクトルーム
定員:各回20名 ※参加無料、事前申込不要

友の会特別鑑賞会
対象:岐阜県現代陶芸美術館友の会会員※随時入会可
2021年1月9日(土)10:30-11:30
※要事前申込要事前申込[受付開始2020年12月5日(土)]

清流の国ぎふ ミュージアムコンサート#3 「野々田万照 JAZZ×MoMCA」
2021年3月7日(日) 14:00-15:00 会場:セラミックパークMINO国際会議場
演奏者:野々田万照氏(サックス奏者)ほか ※要事前申込
※申込方法が他のイベントと異なります。申込方法は、後日当館HP等にてお知らせします。

各催しについての詳細は当館ホームページをご覧ください

申し込み方法 電話 0572-28-3100 メール momca-event@cpm-gifu.jp
次の事項をお知らせください ①催事名②参加者名(複数名可)③代表者の氏名、電話番号、住所
申し込み開始日の10:00から受付けます。
ホームページ
http://cpm-gifu.jp/museum/02.exhibition/02_1.exhibition.html
会場住所
〒507-0801
岐阜県多治見市東町4-2-5 (セラミックパークMINO内)
交通案内
[お車でのアクセス]

■ 東京→小牧JCT→多治見
(東名高速、小牧JCT経由 中央自動車道)

■ 大阪→小牧JCT→多治見
(名神高速、小牧JCT経由 中央自動車道)

【中央自動車道・多治見ICから】
国道19号を土岐・中津川方面に 約5km
→ 東町1の交差点を右折

【東海環状自動車道・土岐南多治見ICから】
国道19号を多治見・名古屋方面に 約1km
→ 東町1の交差点を左折

※駐車場無料・一般車312台収容

[公共交通機関でのアクセス]

■ JR多治見駅までのアクセス方法
・東京方面… 東京→(新幹線)→名古屋→(JR中央本線)→JR多治見駅
・大阪方面… 大阪→(新幹線)→名古屋→(JR中央本線)→JR多治見駅

■ JR多治見駅から岐阜県現代陶芸美術館へのアクセス方法
①多治見市コミュニティーバス (ききょうバス)
…土・日・祝日のみ運行
料金:¥200 所要時間約25分
オリベルート「セラミックパークMINO」下車
※1日乗り放題フリーパス(300円)あり。

②東鉄バス
料金:¥270 所要時間約15分 (下車後、徒歩約10分)
・多治見駅前(南口) 東鉄バス3番乗り場より 【妻木線】もしくは【瑞浪=駄知=多治見線】のどちらかに乗車
・停留所『セラパーク・現代陶芸美術館口』下車 (バス停から施設まではバス停に取り付けられた案内板をご参照ください。)
※1. 【妻木線】で「タウン滝呂」経由の便は 停留所『セラパーク・現代陶芸美術館口』を通りませんのでご注意ください。
※2. 停留所『セラパーク・現代陶芸美術館口』は、上りと下りではバス停の場所が違いますので、ご注意ください。

③タクシー 所要時間約10分
ホームページ
http://www.cpm-gifu.jp/museum
岐阜県多治見市東町4-2-5 (セラミックパークMINO内)
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索