タイトル等
徳島のコレクション 2020年度第3期(前半)
特集 伊原宇三郎って?
会場
徳島県立近代美術館
美術館 展示室1・2、屋外展示場、美術館ロビー
会期
2020-12-05~2021-02-14
休催日
毎週月曜日(休館日が祝祭日の場合は、その翌日)、12月28日[月]~1月4日[月]
主催者
徳島県立近代美術館
概要
徳島市に生まれた伊原宇三郎(1894-1976年)は、東京美術学校を経て、1925年から5年間フランスに留学しました。留学中は西洋の古典的な絵画理論と技法を研究し、帰国後は重厚で端正な裸婦像を帝展に発表して脚光を浴びました。戦争中は、戦争記録画を牽引する存在でした。伊原作品の魅力をご紹介します。

■ 特集 伊原宇三郎って?
■ 20世紀の人間像
■ 現代版画
荒川修作の世界 (12月5日[土] - 1月11日[月・祝日])
加納光於の世界 (1月13日[水] - 2月14日[日])
■ 徳島ゆかりの美術

このほかに、美術館ロビー、屋外展示場、彫刻の小径に展示します。
・都合により内容が変更になる場合もあります。
イベント情報
展示解説 「20世紀の人間像」
2020年12月13日[日]
徳島出身の洋画家・伊原宇三郎の作品の魅力を探るとともに、当館所蔵の人間像をテーマにした作品たちについて、みなさんにご紹介します。
【とき】14:00~14:45
【ところ】徳島県立近代美術館 展示室1(2階)
【講師】宮埼晴子(学芸員)
【主催者】徳島県立近代美術館
【参加対象】どなたでも
【参加費用】観覧券が必要です。
【申込方法】申込不要
【お問い合わせ】近代美術館 088-668-1088
この催しは県立総合大学校「まなびーあ徳島」文化芸術学部の講座です。参加1回につき1単位取得できます。

展示解説 「伊原宇三郎って?」
2021年1月11日[月・祝]
徳島出身の洋画家・伊原宇三郎の作品の魅力を探るとともに、当館所蔵の人間像をテーマにした作品たちについて、みなさんにご紹介します。
【とき】14:00~14:45
【ところ】徳島県立近代美術館 展示室1(2階)
【講師】江川佳秀(学芸員)
【主催者】徳島県立近代美術館
【参加対象】どなたでも
【参加費用】祝日のため、無料です
【申込方法】申込不要
【お問い合わせ】近代美術館 088-668-1088
この催しは県立総合大学校「まなびーあ徳島」文化芸術学部の講座です。参加1回につき1単位取得できます。
ホームページ
https://art.tokushima-ec.ed.jp/article/0008833.html
会場住所
〒770-8070
徳島県徳島市八万町向寺山 文化の森総合公園
交通案内
[美術館周辺]

お車で国道55号からお越しの場合
徳島南環状道路を使うと便利です。
国道55号・大野橋の南、大野交差点から「徳島南環状道路」を西へ進んでください。「文化の森IC」から直接、公園内へ進入できます。
※ご注意 国道55号の「文化の森総合公園」案内標識は、大野橋の北詰にあります。(北詰で曲がった場合は、園瀬川の北岸ルートから到着することができます。)
「上八万・一宮方面から東向きの徳島南環状道路には、文化の森への出口がありません。また文化の森からは東向き路線のみ合流できます。」

JR徳島駅からバス利用

徳島市営バス 徳島市交通局(088-623-2154)
1. 徳島市営バス 3番のりば「文化の森」行き直通バスに乗車し18分、終点「文化の森」で下車。
2.徳島市営バス 3番のりば「しらさぎ台」行き、「一宮」行き、または「天の原(入田)」行きに乗車し16分、「園瀬橋」下車。徒歩約10分。
※平成23年9月末で、「市原」からのシャトルバスは廃止されました。

徳島バス(088-622-1811)
徳島バス 4番のりば「仁井田西」行き、または「佐那河内線 神山高校前」行きに乗車し16分、「園瀬橋」下車。徒歩約10分。

※JR文化の森駅からは、徒歩で約35分(2km程度)です。タクシー・バスの便はありませんので、ご注意ください。

[徳島阿波おどり空港・高速バス]

徳島阿波おどり空港から市内
連絡バス
徳島駅まで約30分。料金430円

高速バス
高速バスが各地から運行しています。
高松・松山・高知 | 関西 | 岡山・広島 | 名古屋 | 東京
ホームページ
http://www.art.tokushima-ec.ed.jp/
徳島県徳島市八万町向寺山 文化の森総合公園
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索