タイトル等
芦屋の時間 大コレクション展
芦屋市制施行80周年記念
会場
芦屋市立美術博物館
会期
2020-09-19~2020-11-08
休催日
月曜日(ただし9/21は開館、9/23は休館)
開催時間
10:00~17:00
(入館は16:30まで)
観覧料
一般500(400)円、大高生300(240)円、中学生以下無料
※( )内は20名以上の団体料金
※高齢者(65歳以上)および身体障がい者手帳・精神障がい者保健福祉手帳・療育手帳をお持ちの方ならびにその介護者の方は各当日料金の半額になります。
※リピート割引:本展チケットの半券をご提示いただいた方は、団体割引料金でご覧いただけます。(1枚につきお一人様1回限り、他の割引券との併用不可)
主催者
芦屋市立美術博物館
協賛・協力等
企画協力 福永信(小説家)
企画 大槻晃実(芦屋市立美術博物館学芸員)、尹志慧(芦屋市立美術博物館)
デザイン 鈴木大義
撮影 守屋友樹(写真家)
後援 兵庫県、兵庫県教育委員会、公益財団法人兵庫県芸術文化協会、神戸新聞社、NHK神戸放送局、Kiss FM KOBE
概要
芦屋市立美術博物館、
どこにあるか、ご存知ですか?ここです。(地図画像の挿絵あり)
駅からわりと遠い、そんな印象をもたれるかもしれません。でも、芦屋川に沿って進む美術博物館への道のりは、とても気持ちがいいんです。ひとりで気楽に時間を過ごす、お散歩のような楽しさがあります。
今から100年ちょっと昔には 、このへんのどこかを、小出楢重も歩いていたでしょう。今から70年くらい前に結成されたアーティスト集団「具体美術協会」(具体)、その中心メンバー吉原治良の家も、この近くにありました。芦屋公園では、「具体」 の野外展覧会も開かれていました。小出楢重、吉原治良以外にも、多くのアーティスト達がこの地に暮らし、語り、作品をつくっていました。時間が少し違うだけ、ほとんど同じ地域で、自由で斬新な表現を、アーティスト達は、追求していたんです。
今からちょうど30年前、芦屋市立美術博物館ができました。30年という時間をかけて、地域も超えて、たくさんの作品が集まってくれました。そして、今、唯一無二のユニークなコレクションを形づくっています。当館のコレクションを支える作家は、126名にも及びます。
「芦屋の時間 大コレクション展」では、開館からの歴史で初めて、すべての作家が登場します。できるだけたくさん、作品を並べます。「お、こんな作品があったのか」というような、初めての出会いもあるでしょう。また、「いつも見てる」とか「もう見飽きた」と思った作品が、あらふしぎ、いつもと違ったように見えてくるかもしれません。多くの作品と出会うことで、いつもと違う、作品の表情が見つかると思います。
これが限界、もうムリ、というくらい、たくさん展示しますが、そんなことをするのは、初めてのことです。なんでそんなこと、したいんでしょう。
「作品なんて、いつでも見られるじゃないか」という考えに抗いたいからです。確かに、すべてこの館に収蔵されているんですから、収蔵庫から出してくれば見られます。また、今後も、同じ作品を見る機会はあると思います。いつでも見られる、という言い方は、ある意味で、その通りなんでしょう。
でも、「いつでも見られる」にしても、「もう二度とない」だろうこのような展覧会に並ぶと、それは「今しか見られない」表情を持つんじゃないでしょうか。孤高の、とっつきにくいと思ってた作品が、このにぎやかな展覧会の中で見ると、案外、優しい、親しげな側面があることに気づくというようなことが、あるんじゃないでしょうか。あるいは、たくさんの作品の中で、ふと、「何度も見てきたけど、お前さん、意外と小さいんだな」と、そんなふうに、作品に語りかけるような、親しげな気持ちに自分自身がなるんじゃないでしょうか。
収蔵作品は、新作だった時代の、イケイケだったその時の文脈から断ち切れて、収蔵庫の中で、大事な部分だけを残し、むしろ作品として研ぎ澄まされて、今、生きている私たちに見られるのを待っています。新作だった時には見つからなかった「新しさ」を見つけてくれるのを、作品たちは、今か今かと、待っています。
だから、これまで何度も来たよ、という常連さんも、初めて行くねというかたも、大歓迎の展覧会なんです。時間をかけて見てもいいし、全体を、ざっと眺めるだけでも、面白いかもしれません。
いずれにせよ、にぎやかで、楽しい展覧会です。散歩にもぴったりな季節、ぜひ遊びにいらしてくださいね(ひとりで見に来ても、さみしい気持ちになりません)。
イベント情報
会期中|こんなことやります!
その1 毎日2回、展示作品の解説をツイートします。
作品の画像や映像をまじえながら、臨場感あふれるツイートを目指します。
*少人数での作業になりますので、遅れることがあるかもしれませんが、できるだけがんばります。
→芦屋市立美術博物館 twitter

その2 各作家のキャプション解説の「掲示替え」を行います。前期は9月19日[土]から10月11日[日]まで、後期は10月13日[火]から11月8日[日]までです。
*作品の展示替えではありません。同じ作家、作品の、違った見方、感じ方の一助になればうれしいです。
ホームページ
https://ashiya-museum.jp/exhibition_next
会場住所
〒659-0052
兵庫県芦屋市伊勢町12-25
交通案内
◆電車の場合
1: 阪神芦屋駅から 徒歩約15分

2: 阪神芦屋駅・JR芦屋駅・阪急芦屋川駅から
阪急バス「新浜町行き」または「芦屋市総合公園前行き」(31・32・35・36・131系統)乗車、「緑町 (美術博物館前)」停留所下車
(バスのりば)
・阪神 芦屋駅―南側2番のりば
・JR 芦屋駅―北側5番のりば
・阪急 芦屋川駅―南側5番のりば
ホームページ
http://ashiya-museum.jp/
兵庫県芦屋市伊勢町12-25
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索