タイトル等
特別展「大須賀喬・選父子展」
金・銀・銅をデザインする
会場
佐野美術館
会期
2004-01-04~2004-02-16
休催日
木曜日
開催時間
10:00~17:00(入館は16:30まで)
観覧料
一般・大学生/900円(700円) ・ 小・中・高校生/500円(400円)
※( )内は前売料金・15名以上の団体は各2割引・毎週土曜日は小中学生無料
主催者
佐野美術館/三島市/三島市教育委員会/静岡新聞社/
SBS静岡放送
概要
大正から昭和にかけて日本の工芸界は、昭和2年帝展に工芸部門が設置されるなど、大きな変革期を迎えました。若手の工芸家の間では、技術一辺倒ではなく工芸の本質を見極めようとする意欲的な活動が見られるようになり、特にその牽引力となったのは金工作家たちでした。
香川県出身の彫金家・大須賀喬(1901~1989)は、東京美術学校卒業後、そのような活動のひとつ、金工家集団「工人社」の創立メンバーとなりました。喬は生涯を通じて、日々のスケッチから生まれる、昆虫や植物をモチーフに作品を作り続けました。そして金属という無機質な素材を用いながらも、動的で柔軟なイメージあふれる作風で、帝展・文展・日展を中心に活躍しました。
一方、喬の息子・選(1931~)は、日本金工家協会を設立するなど主に日展で活躍、自由な創作活動を目指しながら、近年「技法」というものを再認識し、現在は日本伝統工芸展などで活動しています。
本展では、父子の代表作品約100点を展示、二代にわたって継承される金工の伝統技術と、それぞれの目指す独自の造形世界を紹介します。
ホームページ
http://www.sanobi.or.jp/
展覧会問合せ先
総務部
会場住所
〒411-0838
静岡県三島市中田町1-43
交通案内
■電車をご利用の場合
○ JR東京駅より 新幹線こだま(58分)→JR三島駅
○ JR名古屋駅より 新幹線こだま(1時間47分)→JR三島駅

JR三島駅南口より
○ 伊豆箱根鉄道線(5分) → 三島田町駅下車 徒歩3分
○ タクシー10分
○ 南へ1.3km左側 徒歩17分

■バスをご利用の場合
JR三島駅南口より
○ 沼津登山東海バス (4番乗り場:新城橋行き又は、大平車庫行き)
○ 三島循環バス「せせらぎ号」(1番乗り場)で 佐野美術館下車。 庭園内を通って美術館へお越しください。

■お車をご利用の方
東名沼津I.C.、新東名長泉沼津I.C.より 伊豆箱根方面へ8km、三島玉川交差点を左折、二つ目信号を右折、次の角左折 (約20分)
ホームページ
http://www.sanobi.or.jp/
静岡県三島市中田町1-43
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索