タイトル等
第1期コレクション展
花・鳥を描く
会場
大分市美術館
常設展示室1
会期
2020-04-09~2020-07-06
休催日
4月13日(月曜日)、4月20日(月曜日)、4月27日(月曜日)、5月11日(月曜日)、5月18日(月曜日)、5月25日(月曜日)、6月8日(月曜日)、6月15日(月曜日)、6月22日(月曜日)、6月29日(月曜日)
開催時間
午前10時~午後6時
(入館は午後5時30分まで)
観覧料
一般310円(260円)、高大生210円(150円)、中学生以下は市内市外を問わず無料
※()は20名以上の団体料金
※上記観覧料にてコレクション展(展示室1~4)を全てご覧になれます。
※特別展観覧料でコレクション展もあわせてご覧になれます。
※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳提示者とその介護者は無料です。
※コレクション展は「大分市美術館年間パスポート」がご利用できます。
※CIAO!2020(4月17日~9月22日)の会期中は無料。
概要
草花や鳥を主題とする花鳥画は日本絵画を代表する画題であり、草木、虫や水生生物、小動物を描いたものを含みます。また、風景画や風俗画などにも花や鳥を描いたものが見られます。
近代になると、こうした日本絵画の伝統を受け継ぎつつ、西洋絵画の表現や技法を取り入れるなどしてさまざまな花鳥画が描かれました。特に、近代日本を代表する大分出身の画家、福田平八郎は花鳥画を得意としており、大正時代後期は写実を基本とした作品を描き、その後、昭和時代に入ると、平面的に表現された画面に単純化した対象物をデザイン的に配置し、装飾性を高めた作品を制作しました。
本展では福田平八郎、髙山辰雄、今井文二など大分出身の日本画家たちの作品を中心に、花・鳥が描かれた絵画を紹介します。
ホームページ
http://www.city.oita.oita.jp/o210/bunkasports/bunka/bijutsukan/collection/documents/jousetsu1-20-1.html
会場住所
〒870-0835
大分県大分市大字上野865 (大分市上野丘公園内)
交通案内
◎JR大分駅からのアクセス
○バス
= 上野の森口(南口)から [大分市美術館]行、約6分
○タクシー
= 上野の森口(南口)から 約5分

◎高速道路からのアクセス
○大分自動車道 / 大分ICから 約10分
ホームページ
http://www.city.oita.oita.jp/bunkasports/bunka/bijutsukan/index.html
大分県大分市大字上野865 (大分市上野丘公園内)
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索