タイトル等
阪急文化財団
2020展示Ⅰ
百鉢展
会場
逸翁美術館
会期
2020-01-18~2020-03-15
休催日
毎週月曜日 ※ただし2月24日は開館、2月25日が休館
開催時間
午前10時~午後5時
(入館は午後4時30分まで)
観覧料
700円
※シニア(65歳以上)の方は観覧料500円
※その他各種割引料金がございます。
概要
私達が毎日食べる食事に用いられる器。その器の中には、浅く平たい形状の皿や、汁物や液体を入れる深さのある椀(碗)など、様々あります。鉢もその中の一つで、形状は皿と椀の間程度の深さをしたものが一般的に知られ、食卓を彩る器として幅広い用途に用いられています。
鉢とは、元来は僧侶が所持する食事を指す言葉で、金属製や陶磁器で作られたものが原則でしたが、やがて広く料理の中に取り入れられるようになると、その大半が陶磁器で作られるようになります。料理に用いられた鉢は、丼鉢や菓子鉢などの用途に応じた名称や、平鉢や角鉢、鉦(銅鑼)鉢といった形状によって分類された呼び名がつけられ、様々な種類の鉢が作られていきました。また、茶の湯においては、懐石の器として用いられる他に、大振りの深鉢に塗蓋を誂えて水指に転用した例も多く見られ、数奇者の好みを見ることが出来ます。
かつて逸翁は、鉢を一〇〇点集めようと思い立ったと言います。昭和38年、逸翁のその想いを懐旧して百点の鉢を出品し、展覧会を美術館で開催した際のことを、「「それ百八(鉢)煩悩というじゃないか…」とは先生(逸翁)一流の洒落でしたが、その収集は和・中・洋にわたってたちまち百を超え、美術館へ頂いたときには三倍近くになっていました」と当時の職員が回想しています。今回の展示では、この展覧会を再現しつつ、「百八(鉢)」にかけた108点の鉢を出品いたします。個性豊かな「百八(鉢)」の世界をご覧下さい。
イベント情報
講演会
2月23日(日)午後2時より
「永樂家のいろいろ」
千家十職 土風炉・焼物師 永樂善五郎氏
※聴講無料、要当日観覧券。

ギャラリートーク
2月8日(土)午後2時より
学芸員による展示解説
ホームページ
http://www.hankyu-bunka.or.jp/itsuo-museum/exhibition/2152/
会場住所
〒563-0058
大阪府池田市栄本町12-27
交通案内
阪急電鉄宝塚線「池田駅」下車、北へ徒歩約10分
ホームページ
http://www.hankyu-bunka.or.jp/
大阪府池田市栄本町12-27
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索