タイトル等
ギャラリー島田コレクション+シリーズ No.9
藤崎孝敏 暁闇
会場
ギャラリー島田 B1 un
会期
2020-02-08~2020-02-19
開催時間
11:00~18:00
最終日は16:00まで
概要
何処までも暗い画面に浮かび上がる貧しい人々や悲痛で過酷な運命を背負い、放心し、何かに憑かれたような表情。
ひりひりと心が痛み、触っただけで血が吹き出すような画肌。何気なくおかれた部屋の隅の酒瓶や香水瓶にすら、ただならぬ画家の魂のありように見える凄さ。そして哀しみに満ちた人々の中に聖なる永遠性が宿る。
身の置き所のない日本の画壇を捨ててパリ・ピガール界隈にアトリエを構え、下町の人々と交流し、自らの創造主のみを信じて暮らす。
彼の絵は、そのような中でしか描きようがなく、そしてそのように生きることは至難なのである。
その生き方、考え方、そして制作のすべてにおいて謎めき、ドストエフスキー的真実とアルバンベルグ的現代性を合わせもつ。
こうした魅力ある画家がまだ存在していた稀有を驚きまた喜びたい。
島田誠 -'99個展 案内状より-

ギャラリー島田が最も期待してきた画家、藤崎孝敏。6年前に拠点を東京に移されていますが、ギャラリー島田のコレクションである代表作に蒐集家の作品を+した充実した個展としてご覧いただきます。
ホームページ
http://gallery-shimada.com/?p=6714
会場住所
〒650-0003
兵庫県神戸市中央区山本通2-4-24 リランズゲートB1F
交通案内
三宮より徒歩15分。
異入館へと続く北野坂を上ると、山手幹線との交差点で横断歩道を渡り、左(西)へ曲がる。
山手幹線沿いをそのまま行くと通り沿い右手に西村珈琲のお店がある。そこを右(北)へと曲がるとハンター坂。
ハンター坂を5分ほど上がると右手に松竹タクシーの事務所があり、その真向かいの通り左手に安藤忠雄建築のコンクリートの建物があります。
その地下1Fがギャラリー島田です。
ホームページ
http://www.gallery-shimada.com
兵庫県神戸市中央区山本通2-4-24 リランズゲートB1F
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索