タイトル等
描かれた日本の自然美
―非水百花譜と近代日本画―
会場
掛川市二の丸美術館
会期
2020-02-15~2020-03-25
休催日
2月17日(月)、3月2日(月)
開催時間
午前9時~午後5時
(入館は午後4時30分まで)
観覧料
一般200円(20名以上の団体2割引料金)、中学生まで無料
ステンドグラス美術館、掛川城との共通セット券もあります。
※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳を所持する方とその介助者1名は無料
※しずおか子育て優待カード・掛川マル得パスポート利用可
主催者
(公財)掛川市生涯学習振興公社/掛川市
協賛・協力等
後援 掛川市教育委員会、静岡新聞社、静岡放送、中日新聞東海本社、郷土新聞社
概要
野に咲く一輪の花、季節のうつろいとともに変化する木々や山脈。古来より花や風景は作家が好んで描いた題材でした。本展覧会は、近代を代表する日本画家が描いた花や風景と、杉浦非水による美しい植物の木版画を展示し、作家がとらえた日本の自然美をご覧頂く展覧会です。
第一部「近代日本画の精華」では、当館が所蔵する近代日本画コレクションをご覧頂きます。本コレクションは実業家・故鈴木始一氏が蒐集したもので、竹内栖鳳、福田平八郎、前田青邨、奥村土牛、小倉遊亀など、明治から昭和の日本を代表する作家が名を連ねています。
第二部「モダンデザインの先駆者・杉浦非水の描いた花々」でご紹介する杉浦非水(1876-1965)は、明治後期から昭和にかけて活躍した図案家(デザイナー)です。東京美術学校日本画撰科(現・東京芸術大学)に学び、洋画家・黒田清輝との出会いから図案家の道に進みます。卒業後は印刷会社や新聞社、三越百貨店に在籍し、ポスターや雑誌の表紙、書籍の装幀、煙草のパッケージなど多岐にわたるデザインを手がけています。本展賢会でご覧頂く≪非水百花譜》は桜やバラ、百合など身近な草花を非水が図案化した木版画集で、写生に基づいた緻密さと色鮮やかな色彩が魅力です。
非水と日本画家、表現方法は異なりますが、同時代に活躍した作家が描いた美しく繊細な花々の木版画と日本画の清謐な空間から、一足早い春の息吹をお楽しみください。
イベント情報
作品解説
日時 2月29日(土)、3月14日(土) 14:00~14:30
※申込不要 ただし、当日の観覧券が必要となります。
ホームページ
http://www.kakegawa-artpark.com/ninomaru/p-event/%E6%8F%8F%E3%81%8B%E3%82%8C%E3%81%9F%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E8%87%AA%E7%84%B6%E7%BE%8E%EF%BC%8D%E9%9D%9E%E6%B0%B4%E7%99%BE%E8%8A%B1%E8%AD%9C%E3%81%A8%E8%BF%91%E4%BB%A3%E6%97%A5%E6%9C%AC%E7%94%BB/
会場住所
〒436-0079
静岡県掛川市掛川1142-1
交通案内
公共交通機関
掛川駅バス乗り場⑥番より 掛川バス居尻線または、倉真線に乗車、北門バス停下車徒歩1分

お車
東名高速道路 掛川I.Cから車で10分 美術館用駐車場はありません。
ホームページ
http://www.kakegawa-artpark.com/ninomaru/
静岡県掛川市掛川1142-1
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索