タイトル等
木下晋展 いのちを刻む
孤独を描きたいわけでもない
なにかを伝えたいわけでもない
孤独を生きる人のことを知りたい

人は合掌して何かに祈るしかない。
身に降りかかった勘案辛苦を合掌で包み祈る。
それは鎮魂の思いを伝える人類普遍の姿であろう。
自分に出来ることは何かと考えたとき、
私は合掌の図を描いた。
会場
ギャラリー島田 B1 un
会期
2020-01-08~2020-01-22
開催時間
11:00~18:00
最終日は16:00
概要
木下晋は1947年富山市生まれ。町田市在住。中学時代、木内克に塑像を学び、独学で油彩やクレヨン画を手がけ、16才の時、画家の麻生三郎、詩人の滝口修造に出会い、以降交流を深めた。1973年から洲之内徹の現代画廊などで個展を開き、1982年渡米から帰国後、鉛筆画を始める。ライフワークとなった「瞽女(ごぜ)」の小林ハル(故人、人間国宝)、流浪癖のあった母親、谷崎潤一郎の『痴人の愛』のモデル和嶋せい、海文堂ギャラリーでの初個展で出会った写真家・中山岩太夫人の中山正子、絵本「ハルばあちゃんの手」のモデルとなった川端さんご夫妻、そしてハンセン病元患者桜井哲夫さん。それぞれの72万時間を超える人生の日々を、10H~10B、22種類の鉛筆で、その時間と等価であることを願うがごとく、そして修行のような接触を重ねる。モデルが長い年月をかけて培ってきた年輪、皺の中に刻まれている人生、人間という不可思議な存在の心の闇の部分、生きざまという見えないものまで表現したいと迫ります。一呼吸の間に十数回も。刻むようにというのも違う、人肌を優しく撫でるように。漆黒ですら、無数の重ねること、その行為により深められていく。老いですら、皺ですら、崩れ爛れた皮膚ですら、怒りにより尖ることはない。その人の生に寄り添い、敬い、同化するまで何十万もの肌への触れ合いは、木下の内部を浄化し、祈りとして立ち上がる。絵を描くということを越えて、木下晋の目と、魂の修練の形を通じて私たちは「人」としての尊厳を知る。余りに希薄になってしまった「存在」を、見る人のうちに甦らすものがある。

木下晋の作品を、細部を緻密に描き込むことをもって、写実的なリアリズムを趣旨としているとは思わない。彼の作品の理解者、窪島誠一郎氏が《非リアリズム》と規定し、《表現主義的ともいえる画家のエゴイズムの滾り》と指摘したように、彼の作品は過剰な何ものかをメッセージとして発している。 島田誠
イベント情報
「木下晋に聞く」 木下晋×島田誠
1月11日(土)15:00~(要予約・無料)
特別ゲストをお招きしてのトークイベントも開催予定。ホームページやメールマガジンで情報を発信いたします。
ホームページ
http://gallery-shimada.com/?p=6668
会場住所
〒650-0003
兵庫県神戸市中央区山本通2-4-24 リランズゲートB1F
交通案内
三宮より徒歩15分。
異入館へと続く北野坂を上ると、山手幹線との交差点で横断歩道を渡り、左(西)へ曲がる。
山手幹線沿いをそのまま行くと通り沿い右手に西村珈琲のお店がある。そこを右(北)へと曲がるとハンター坂。
ハンター坂を5分ほど上がると右手に松竹タクシーの事務所があり、その真向かいの通り左手に安藤忠雄建築のコンクリートの建物があります。
その地下1Fがギャラリー島田です。
ホームページ
http://www.gallery-shimada.com
兵庫県神戸市中央区山本通2-4-24 リランズゲートB1F
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索