タイトル等
企画展
いきもの狂騒曲
-陶芸フィギュアの現在-
会場
茨城県陶芸美術館
地下1階企画展示室及び2階第2展示室
会期
2019-09-07~2019-11-24
休催日
月曜日(ただし、9月16日(祝)、9月23日(祝)、 10月14日(祝)、11月4日(振休)は開館)、
9月24日(火)、10月15日(火)
開催時間
午前9時30分~午後5時
(入場は午後4時30分まで)
観覧料
一般720(570)円/満70歳以上360(280)円/高大生510(410)円/小中生260(210)円
※( )内は、20名以上の団体料金。
※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳又は指定難病特定医療費受給者証をお持ちの方及び付き添いの方(ただし1人につき1人まで)は無料。
※11月13日(水)県民の日は入場無料。
主催者
茨城県陶芸美術館
概要
これまでに類を見ない、陶芸フィギュアの展覧会
日本において、人や動物などいきものをモチーフにした陶芸作品は、さまざまな時代に祈りや愛玩の対象としてつくられ続けてきました。
そして、2000年頃になると、陶芸の世界に新しいスタイルの表現が次々と現れ始める中、人や動物などのいきものを題材とした「フィギュア」と称すべき作品が登場しました。作家自身が愛着や興味のあるいきものをモチーフに選び、モチーフが持つ魅力と陶芸ならではの表現の魅力とを、いかに融合させるかという課題に真正面から向き合うことで生まれた陶芸フィギュアは、単純なリアルさや可愛らしさだけではない強烈な存在感を放っています。
本展では、陶芸作家17名に、ガラス、革工芸、金工の作家4名を加えた、21名の作品により、現在盛り上がりを見せている、陶芸におけるフィギュアの魅力を紹介します。
イベント情報
開会式および内覧会
日時 9月6日(金) 14:00~
会場 当館1階 多目的ホール
その他 関係者、報道各位など招待者のみの参加となります。

ワークショップ「新聞紙で動物アート」(要予約)
新聞紙とセロハンテープを使って、動物をテーマにした作品をつくります。
日時 10月26日(土)10:00~15:00
※昼食の休憩時間を1時間程度とります。昼食はご持参いただくか、近隣のレストラン等をご利用ください。
会場 当館1階 多目的ホール
講師 畑岡佑輔氏(彫刻家)
対象 中学生以上(保護者の同伴により小学校5・6年生の参加も可)
参加費 無料(展覧会をご覧いただく場合は、別途観覧料が必要となります。)
定員 20名
予約 電話にて9月7日(土)9:30より受付開始(電話0296-70-0011)
※先着順。空きがある場合には当日参加もできます。

出品作家によるアーティストトーク(予約不要)
日時 9月21日(土) 鈴木りんいち氏、田崎太郎氏
10月19日(土) 岡村悠紀氏、須藤忠隆氏
11月16日(土) 奥村巴菜氏、宮本果林氏
各日とも13:30~
※都合により講師が変更になる場合があります。
会場 当館地下1階 企画展示室
参加費 無料、観覧料にてご聴講いただけます。

ギャラリートーク(予約不要)
担当学芸員が展覧会をご案内いたします。
日時 9月14日(土)、10月12日(土)、11月9日(土) 各日とも13:30~
会場 当館地下1階 企画展示室
参加費 無料、観覧料にてご聴講いただけます。
ホームページ
http://www.tougei.museum.ibk.ed.jp/exhibition/ikimono/index.html
会場住所
〒309-1611
茨城県笠間市笠間2345(笠間芸術の森公園内)
交通案内
[電車]
・JR常磐線で上野駅~友部駅 (特急70分)
・友部駅でJR水戸線に乗り換え笠間駅(9分)下車
・笠間駅からタクシーを利用して5分
・友部駅から笠間市内観光周遊バス (料金100円 ※平成20年4月1日~)で20分

[車]
・北関東自動車道 友部インターから10分、笠間西インターから15分
・常磐自動車道 岩間インターから25分、水戸インターから30分

[高速バス]
茨城交通高速バスで秋葉原駅~やきもの通り、または笠間駅(120分)下車
※平成24年6月1日より運行、1日4便

かさま観光周遊バス
※運行日は月曜日(祝日の場合は翌日)を除く毎日です。
※乗車定員制(36名)のため、お乗りいただけないこともあります。
ホームページ
http://www.tougei.museum.ibk.ed.jp/
茨城県笠間市笠間2345(笠間芸術の森公園内)
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索