タイトル等
企画展
奏でる-楽器と調べ-
会場
徳川美術館 蓬左文庫
会期
2019-11-16~2020-01-31
前期=2019年11月16日(土)~12月15日(日)
後期=2020年1月4日(土)~1月31日(金)
休催日
月曜日(但し、2020年1月13日(月)(祝)は開館、翌14日(火)は休館)、年末年始(2019年12月16日(月)~2020年1月3日(金))
開催時間
午前10時~午後5時
(入館は午後4時半まで)
観覧料
一般1,400円・高大生700円・小中生500円
○20名様以上の団体は一般200円、その他100円割引
○土曜日は小中高生入館無料
主催者
徳川美術館・名古屋市蓬左文庫・毎日新聞社
協賛・協力等
後援=全国良寛会・一般財団法人 毎日書道会
協力=名古屋市交通局
概要
日本の古典音楽には、宮廷の式楽である雅楽をはじめ、武家の式楽である能楽、語り物の元祖である平家琵琶(へいけびわ)などがあります。笙(しょう)や琵琶(びわ)・箏(そう)などの楽器のなかには、インド・ペルシアに起源を持つ楽器や、笛や太鼓のように形を変えながら広く普及していった楽器もあり、それぞれ歴史とともに発展しました。また、江戸時代の大名の間では能楽が必須の教養であったため、尾張徳川家でも能楽に用いられる楽器を中心に、雅楽の楽器や女性の教養であった箏・三味線、琉球王から贈られた琉球楽器一式なども伝えられました。今回の展覧会では尾張徳川家に伝わったさまざまな楽器を一堂に紹介しつつ、日本の音楽の流れを紹介します。
イベント情報
◆演奏会
「尺八の調べ―古今の楽器とその響き―」
東北大学名誉教授・美術史学者・尺八奏者 泉 武夫氏
日時=2019年11月17日(日) 午後1時30分~
※事前申込制 1,000円(入館料別途要) 定員150名

◆お話と演奏
「能の囃子の調べ―大名たちに愛された音楽―」
笛:竹市 学氏 小鼓:後藤嘉津幸氏
大鼓:河村眞之介氏 太鼓:加藤洋輝氏
日時=2020年1月19日(日) 午後1時30分~
※事前申込制 1,000円(入館料別途要) 定員150名

◆ギャラリー・トーク
日時=2019年11月21日(木)、2020年1月12日(日) 午後1時~
※入館者参加自由(入館料別途要)

◆土曜講座
「尾張徳川家伝来の楽器」
日時=2020年1月18日(土) 午後1時30分~3時
並木昌史(徳川美術館 学芸員)
※有料(入館料別途要)

「演奏会」と「お話と演奏」のお申し込み
■往復はがき ■FAX:052-935-9444 ■Email:taiken@tokugawa.or.jp
いずれかでお申し込みください。
ご希望の企画名・氏名・住所・電話番号・参加人数・当館会員の場合は賛助会または友の会であることを明記の上、お申し込みください。
展示替え情報
○前期と後期で展示替あり
ホームページ
https://www.tokugawa-art-museum.jp/exhibits/planned/2019/1116-2hosa/
会場住所
〒461-0023
愛知県名古屋市東区徳川町1017
交通案内
~電車・バスをご利用の場合~

名古屋駅より

[市営バス]
名古屋駅前2番のりば 基幹2系統 「光ヶ丘」「猪高車庫」方面ゆき
「徳川園新出来」停留所下車(所要時間約20分) 徒歩約3分。

[名鉄バス]
名鉄バスセンター3階 4番のりば 「三軒家」方面ゆき
「徳川園新出来」停留所下車(所要時間約20分) 徒歩約3分。

[JR]
JR中央線「多治見」方面行
「大曽根駅」下車(所要時間約15分) 南出口から徒歩約10分。

[なごや観光ルートバス「メーグル」]
名古屋駅前8番乗り場 名古屋駅発着で平日30分~1時間に1本、
土・日・祝日は20分~30分に1本運行。 (約30分)

栄より

[市営バス]
栄バスターミナル(オアシス21) 3番のりば
基幹2系統 「引山」「四軒家」方面ゆき
「徳川園新出来」停留所下車(所要時間約20分) 徒歩約3分。

[市営地下鉄]
名城線(右回り)
「大曽根駅」下車(所要時間約15分) 3番出口から 徒歩約15分。


~車をご利用の場合~

東名高速 名古屋 IC より

IC 下車後、県道60号(東山通)を名古屋市街に向かって約8km直進、
「今池」交差点を右折約1.3km、「古出来」交差点を左折約0.7km
「徳川美術館南」交差点を右折 (所要時間約30分)

名神高速 一宮 IC より

名古屋高速 16号一宮線→清洲JCT→6号清洲線→1号楠線→「黒川」出口右折 (所要時間約30分)
ホームページ
http://www.tokugawa-art-museum.jp/
愛知県名古屋市東区徳川町1017
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索