タイトル等
第3期コレクション展
平成の日本画・版画
会場
大分市美術館
常設展示室1
会期
2019-09-25~2020-01-13
休催日
9月30日(月曜日)、10月15日(火曜日)、10月28日(月曜日)、11月11日(月曜日)、11月18日(月曜日)、11月25日(月曜日)、12月3日(火曜日)、12月9日(月曜日)、12月16日(月曜日)、12月23日(月曜日)、12月28日(土曜日)~令和2年1月4日(土曜日)
開催時間
午前10時~午後6時
(入館は午後5時30分まで)
※12月4日(水曜日)~12月8日(日曜日)は午後7時まで開館(入館は午後6時30分まで)
観覧料
一般310円(260円)、高大生210円(150円)、中学生以下は市内市外を問わず無料
※()は20名以上の団体料金
※上記観覧料にてコレクション展(展示室1~4)を全てご覧になれます。
※特別展観覧料でコレクション展もあわせてご覧になれます。
※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳提示者とその介護者は無料です。
※コレクション展は「大分市美術館年間パスポート」がご利用できます。
※第58回「福田平八郎賞」第51回「朝倉文夫賞」大分市小・中、特別支援学校図画・彫塑展(12月4日~8日)、第68回高文連 書道・写真 中央展(12月12日~15日)、第71回大分県立芸術緑丘高等学校美術制作展(12月17日~22日)の開催中は無料。
概要
今年4月30日、平成時代が終わり、5月1日から新たに令和の時代が始まりました。
明治時代に西洋画に対して生まれた「日本画」は第二次世界大戦後の一時期「滅亡論」が唱えられながらも大正・昭和と時代に応じて、様式や表現方法を変化させつつ描き続けられ、今なお新たな作品が生み出されています。
20世紀が終わりに近づいた1989年に始まった平成時代の約30年間、画家たちの活動では、前時代に引き続き、日展や院展、創画展などの美術団体に所属して活動を続ける画家がいる一方で、団体に所属することなく個人として活動を続ける画家が目立つようになってきました。個人としてより自由で多様な表現が増えてきたのも、平成時代の特徴といえるかもしれません。
ここでは、新時代を迎えた今、平成時代に描かれた日本画を中心に、日本画家の制作した版画作品を併せて紹介します。
会場住所
〒870-0835
大分県大分市大字上野865 (大分市上野丘公園内)
交通案内
◎JR大分駅からのアクセス
○バス
= 上野の森口(南口)から [大分市美術館]行、約6分
○タクシー
= 上野の森口(南口)から 約5分

◎高速道路からのアクセス
○大分自動車道 / 大分ICから 約10分
ホームページ
http://www.city.oita.oita.jp/bunkasports/bunka/bijutsukan/index.html
大分県大分市大字上野865 (大分市上野丘公園内)
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索