タイトル等
九十九里浜の網主画家
斎藤巻石
会場
城西国際大学水田美術館
会期
2019-11-19~2019-12-14
休催日
日曜日、月曜日、祝日
開催時間
10:00~16:00
観覧料
一般300円、高校生以下無料
概要
斎藤巻石(けんせき)(1798~1874)は、四天木(してんぎ)村(現大網白里町四天木)の大地主であり、九十九里を代表する網主です。十二代四郎右衛門を継いだ巻石は、いわしの地引網漁の繁栄で蓄えた豊かな財力をもとに、書画を収集し、海を見渡せる風光明媚な別邸「大洋庵」に文人墨客を迎えて交わりました。交流のあった文人には、漢詩人の梁川星巌(やながわせいがん)や画家の椿椿山(つばきちんざん)、福田半香(はんこう)らがいます。そして巻石は自らも筆をとり、はじめ南乙(なんおつ)、次に粼齋(りんさい)、続いて拳石(けんせき)、巻石と号し、おもに伝統的な南画山水を手がけました。自己の楽しみのために描いた作品は高く評価され、巻石の名は生前より画家番付に載り、大正期には松林桂月(けいげつ)や石井林響(りんきょう)により美術雑誌で紹介されましたが、その後歴史に埋もれてしまいました。
このたびの展覧会では、初期から最晩年までの作品を年代順に展示し、巻石の画業をたどります。涅槃(ねはん)図の大作をはじめ、歴史画など初公開を含む作品の数々をお楽しみください。
イベント情報
■講演会
11月30日[土]13:30~15:00
「九十九里の大網主と網主画家・巻石」
古山豊氏(大網白里市文化財審議会会長)
プレゼンテーションホールにて
要予約 Tel.0475-53-2562
聴講無料

■ギャラリートーク
(学芸員による展示解説)
11月21日[木]、12月5日[木]
13:30~
会場住所
〒283-8555
千葉県東金市求名1番地・図書館棟1階
交通案内
●JR外房線 大網駅 または JR総武本線 成東駅乗り換えで JR東金線 求名(ぐみょう)駅下車、徒歩5分

●車では、京葉道路・館山自動車道の千葉東ジャンクションより 千葉東金道路に入り、東金インター下車、国道126号線を成東方面へ約20分、信号「城西国際大前」右折

●次の各駅よりシャトルバス運行
JR 東京駅 (八重洲中央口ヤンマービル前バス停)
(時刻) 9:00

JR 蘇我駅 (東口バスロータリー内バス停)
(時刻) 10:10 10:20 12:10 14:05

JR 大網駅 (改札口前バス停)
(時刻) 10:15 10:50 11:55 12:40 13:15 14:20

JR 成東駅 (改札口前)
(時刻) 11:35 14:45

JR 東金駅 (東口ロータリー)
(時刻) 10:30 12:10 13:30

京成成田駅 (東口バスロータリー森田ビル向い側)
(時刻) 10:45 13:55
ホームページ
http://www.jiu.ac.jp/museum/
会場問合せ先
0475-53-2562
千葉県東金市求名1番地・図書館棟1階
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索