タイトル等
南嶋薄暮と素描展
平成15年度秋季展
会場
山口蓬春記念館
会期
2003-09-12~2003-11-03
休催日
毎週月曜日、休日の場合はその翌日、年末年始・展示替え期間
開催時間
10/10(金)まで、10:00~16:00(入館は15:30まで)
10/11(土)から、10:00~17:00(入館は、16:30まで)
観覧料
一般 400円
高校生以下 無料
概要
今回展示する作品のうち《南嶋薄暮》は、昭和15(1940)年、神武天皇即位後二千六百年を記念して開催された「紀元二千六百年奉祝美術展」に出品されたものです。珍しいコブ牛、民族衣装に身を包んだ女達、群青色の空が神秘的なその絵は台湾で取材した作品です。その他、蓬春が東洋の各地で取材した作品や、疎開先の山形県赤湯町での素描を中心に作品の移り変わりを追いながら展示しています。2階座敷では、蓬春と鎌倉ゆかりの文化人たちをご紹介いたします。当時、葉山や鎌倉には、豊かな自然環境でありながら東京に近いという利便性から、多くの文化人が移り住んでいました。その中から、蓬春にゆかりの深い日本画家・鏑木清方や映画監督・小津安二郎、小説家・大佛次郎を取り上げます。特に、世界的にも知られ、今年で生誕100周年を迎える小津安二郎との関わりからは、蓬春の多岐にわたる交流の一端を窺うことができます。
ホームページ
http://www.jrtf.or.jp/hoshun/
展覧会問合せ先
山口蓬春記念館Tel.046-875-6094
会場住所
〒240-0111
神奈川県三浦郡葉山町一色2320
交通案内
■電車でお越しのお客様
JR逗子駅 (横須賀線・湘南新宿ライン) → 京浜急行バス 3番乗場

新逗子駅 (京浜急行線) → 南口 2番乗場

海岸回り葉山行 (逗12)、「海岸回り福祉文化会館行 (逗11)」にて約18分
「三ヶ丘・神奈川県立近代美術館前」下車 徒歩2分
※ただし、土・日・祝日等は大変混みあう可能性がありますのでご注意ください。

【ルート案内】バス降車後、逗子に戻りながら信号機付横断歩道を通り過ぎ、山口蓬春記念館の電柱広告を右折し小道を上り、看板に沿って徒歩2分で正門に到着します。

■車でお越しのお客様
逗子ICから逗葉新道、県道207号線経由で約7km
ホームページ
http://www.hoshun.jp/
神奈川県三浦郡葉山町一色2320
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索