タイトル等
2019年度国立美術館巡回展
東京国立近代美術館所蔵品展
きっかけは「彫刻」。
近代から現代までの日本の彫刻と立体造形
熊本初の大彫刻展!!
会場
熊本市現代美術館
会期
2019-09-21~2019-11-24
休催日
火曜日(ただし10月22日(火)は開館し、翌日休館)
開催時間
10:00~20:00
(展覧会入場は19:30まで)
観覧料
|企画展・コレクション展との共通観覧料| 一般:1,000(800)円 シニア:800(600)円 学生(高校生以上):500(400)円 [中学生以下無料]
*( )内は前売/20名以上の団体/各種障害者手帳(身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、被爆者健康手帳等)、電車・バス1日乗車券、JAF会員証、緑のじゅうたんサポーター証/各種障害者手帳をお持ちの方の付き添い者1名
*10月12日(土)は開館記念日のため入場無料
主催者
東京国立近代美術館、熊本市現代美術館(熊本市・公益財団法人熊本市美術文化振興財団)、熊本日日新聞社
協賛・協力等
特別協力:崇城大学芸術学部デザイン学科マンガ表現コース
後援:熊本県、熊本県教育委員会、熊本市教育委員会、熊本県文化協会、熊本県美術家連盟、熊本国際観光コンベンション協会、NHK熊本放送局、J:COM、エフエム熊本、FM791
概要
本展は、「彫刻」という概念が誕生した明治期から、ロダンの影響、大正期から昭和初期の多様な展開、そして戦後の現代美術からたちあがった立体造形、さらには近代日本彫刻史を踏まえ発展していった現代彫刻までを、東京国立近代美術館のコレクションより、それぞれの時代を象徴する代表作から通観するものです。
ロダンに多大な影響を受けた高村光太郎や荻原守衛、中原悌二郎をはじめ、木彫の世界を広げた平櫛田中や橋本平八、第二次大戦後の現代美術で存在を示した舟越保武、向井良吉、三木富雄から1980年代の表現までを通観し、近代日本に新しく発生した「彫刻」という概念が、各時代を代表する作家達にどのような刺激を与え創造を促したのか、作家達はキャリアを通じて「彫刻」をどのように解釈し、何に重きを置き立体として制作したのかを探ります。
熊本県下では、近代日本彫刻をテーマにした大規模な企画展は初めての開催です。本展が、教科書やメディアを通じて知っていた「あの名品」の本当の魅力を紹介する機会となれば幸いです。
イベント情報
東京国立近代美術館学芸員による
特別講演会
講師:大谷省吾(東京国立近代美術館美術課長)
9月21日(土) 14:00-15:30
ホームギャラリー、入場無料

プレミアムナイトツアー
担当学芸員による解説付きのナイトツアー。
会場を貸切でお楽しみいただけます。
11月1日(金) 19:30-21:00
(レクチャー30分、会場内ツアー1時間)
集合場所:ホームギャラリー
定員:40名(事前申込)
要展覧会チケット(半券可)

ギャラリー・ツアー
当館学芸員と一緒に展覧会をめぐるツアーです。
9月29日・10月6日・11月3日・11月24日
いずれも日曜日各回 15:00-15:40
集合場所:展覧会場入口
要展覧会チケット(予約不要)

プレママ+ファミリーツアー
0~6 歳の子どもと大人、または妊娠中の方と家族や友人の皆さんと一緒に展覧会を楽しむツアー。
9月28日(土) 10:30-11:10
場所:展覧会場
定員:7組 *大人のみ要展覧会チケット
(要予約、お電話での事前申し込み)

キャラクター化した作品が展覧会の見どころをご案内します!
ホームページ
https://www.camk.jp/exhibition/sculpture/
会場住所
〒860-0845
熊本県熊本市中央区上通町2-3
交通案内
・美術館入口(びぷれす熊日会館3階)までは、通町筋電停又はバス停から徒歩1分です。電車通り側歩道から、エスカレーター又はエレベーターをご利用ください。
・「びぷれす熊日会館」の駐車場(有料)は、数に限りがあります。できるだけ公共交通機関をご利用ください。

JR線をご利用の場合
・熊本駅から 市電またはバスで15分、通町筋下車
・新水前寺駅から 市電またはバスで10分、通町筋下車

航空機をご利用の場合
・熊本空港から 空港バスで40分、通町筋下車

高速自動車道をご利用の場合
・熊本インターから 車又は高速バスで30分、通町筋下車
ホームページ
https://www.camk.jp/
熊本県熊本市中央区上通町2-3
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索