タイトル等
相模原市収蔵美術品展
江成常夫写真展 花嫁のアメリカ 歳月の風景 1978―1998
会場
相模原市民ギャラリー
会期
2019-08-10~2019-09-01
休催日
水曜日休館
開催時間
午前10時~午後6時
観覧料
入場無料
概要
第二次世界大戦後の1950年代、多くの日本人女性が進駐軍の関係者と結婚し、その後、海を渡っていきました。“戦争花嫁”と呼ばれた彼女たちは、過酷な経済状況や人種差別、同じ日本人からの蔑視といった様々な困難にあいながらも強く、そして美しく生きていきました。
そんな彼女たちの姿を写し言葉に耳を傾けた作品が、本市出身の写真家・江成常夫による≪花嫁のアメリカ≫(1980)です。戦中、戦後を生きた彼女たちの姿と言葉は微に入り細を穿ち、歴史に血を通わせ熱を与える戦後史の裏打ちと呼べるものとなりました。
花嫁たちを撮影した20年後の90年代後半、江成は再び花嫁たちのもとを訪れます。そこで撮られた写真には、更に豊かな花嫁たちの実りがうつされ、≪花嫁のアメリカ 歳月の風景1978―1998≫(2000)としてまとめられました。
相模原市は、平成21年に本作の寄贈を受け市の美術品として収蔵しました。本展では、新しい元号を迎えた今日、それらを改めて紹介するものです。
戦争の時代であった昭和を生き、平成の時代にかけて受け継がれてきた花嫁たちの姿と言葉を令和の新しい時代に再度提示することで、国際社会や歴史、家族の在り方を問い直す機会となれば幸いです。
イベント情報
1.江成常夫 ギャラリートーク
会場:相模原市民ギャラリー展示室
日時:8月10日(土曜日)午後3時~午後4時30分
申込:予約不要

2.江成常夫×伊藤俊治(美術史家、東京藝術大学教授)対談
会場:相模原市民ギャラリー展示室
日時:8月18日(日曜日)午後3時~午後4時30分
申込:予約不要

3.映画『七転び八起き―アメリカへ渡った戦争花嫁物語』上映
日時:8月24日(土曜日)午前11時~午前11時30分/午後3時~午後3時30分(2回上映)
会場:相模原市民ギャラリー会議室
定員:40名(先着順)
料金:無料
申込:予約不要
ホームページ
http://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/kankou/bunka/gallery/tenrankai_list/1017073.html
会場住所
〒252-0231
神奈川県相模原市中央区相模原1-1-3 セレオ相模原 4F
交通案内
■電車をご利用の場合:
・JR横浜線(下り):相模原駅下車
・JR相模線(下り):
終点橋本駅にて、JR横浜線に乗り換え相模原駅下車
・京王線(下り):
京王相模原線終点橋本駅にて、JR横浜線に乗り換え相模原駅下車
・小田急線(下り):
町田駅にてJR横浜線に乗り換え相模原駅下車

■車をご利用の場合:
*当ギャラリーには専用の駐車場はございません。
お車でご来場の場合は、隣接の市営相模原駅自動車駐車場をご利用ください。(有料)

■国道16号線「相模原駅入口交差点」相模原駅方面へ入る。
→相模原駅前T字路を左折→1番目の信号を右折→突き当りを左折→市営駐車場へ
■市営駐車場は、市民ギャラリーとスロープで直結されています。
→最上階まで登る→「相模原it's駐車場」を越え「セレオ相模原駐車場(38台収容可能)」へ
ホームページ
http://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/kankou/bunka/gallery/index.html
神奈川県相模原市中央区相模原1-1-3 セレオ相模原 4F
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索