タイトル等
備前市立備前焼ミュージアム 企画展
「2019年 備前焼無形文化財保持者作品展」
会場
備前焼ミュージアム
1・2F展示室
会期
2019-06-28~2019-09-16
休催日
月曜日(7/15、8/12、9/16は開館)、7/16、8/13
※以下の期間は、展示替のため休館します。6/24(月)~6/27(木)、9/17(火)~9/27(金)
開催時間
9時~17時
(最終入館16時30分)
観覧料
一般500円(400円)、高大生300円(200円)、中学生以下無料
※()は20名以上団体料金、ほか割引あり
主催者
備前市立備前焼ミュージアム、備前市教育委員会、備前市
協賛・協力等
後 援:岡山県、岡山県教育委員会、山陽新聞社、NHK岡山放送局、岡山県郷土文化財団、公益社団法人岡山県文化連盟、備前商工会議所、一般社団法人備前観光協会、備前東商工会、協同組合岡山県備前焼陶友会
概要
無形文化財とは、建築や美術品などの有形文化財に対し、音楽や演劇そして工芸の技術などの形のないものを対象とします。ひとことで言うと「わざ」。その「わざ」を持つ人が無形文化財保持者に認定されます。

備前市では、平成25(2013)年に市指定文化財「備前焼の製作技術」を設け、市内在住の9名を保持者に認定しています。平成31(2019)年3月には、岡山県教育委員会が岡山県指定重要無形文化財に3名を追加認定しました。したがって現在、岡山県内には人間国宝(国重要無形文化財保持者)をはじめ17名の【備前焼無形文化財保持者】がいます。

本展では、長い歴史を持つ備前焼において積み重ねられた様々な技を有する作家たちの作品約60点をご紹介します。
イベント情報
①作家によるギャラリートーク 全3回
平成31年3月に岡山県重要無形文化財(備前焼製作技術)保持者に追加認定された3名をお招きし、自身の作品を前にお話しいただきます。
日 時:
・島村 光氏 8月11日(日)
・金重有邦氏 8月24日(土)
・隠崎隆一氏 9月8日(日)
※いずれも13:30~1時間程度を予定
会 場:備前焼ミュージアム2F展示室
*参加無料(入館料は必要です)、事前申し込み不要
*ギャラリートーク開催日は、当日に限り再入館可(1F受付で日付入り半券を提示

②備前焼クイズラリー2019
備前焼に関するクイズにこたえながら館内をまわります。全問正解すると当館オリジナルグッズをプレゼントします。
日時:本展会期中
会場:備前焼ミュージアム1F受付で用紙を頒布、回収します
*参加無料、事前申し込み不要
ホームページ
http://www.city.bizen.okayama.jp/shimin/shisetsu/museum/gallery04_2.html
会場住所
〒705-0001
岡山県備前市伊部1659-6
交通案内
【電車】 JR伊部駅より 徒歩1分。

【自動車】 岡山ブルーライン 備前インターチェンジより、15分。
ホームページ
http://www.city.bizen.okayama.jp/shimin/shisetsu/museum/museum.html
岡山県備前市伊部1659-6
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索