タイトル等
倉重光則展
日本最古の木造酒蔵に現代彫刻を置く
会場
伊丹市立美術館
会期
2003-09-14~2003-09-28
休催日
月曜日
開催時間
10:00~18:00(入館は17:30まで)
観覧料
無料
主催者
伊丹市立美術館、(財)伊丹市文化振興財団
概要
伊丹市立美術館では、延宝2年(1674)に建てられた旧岡田家住宅の日本最古の木造酒蔵を会場に現代彫刻展を今秋も開催します。この酒蔵は、酒造で栄えた伊丹の往時をしのばせる旧岡田家住宅の一部であり、重要文化財の指定を受けた趣のある建造物です。一昨年、一般公開を機に当館ではここを舞台として、毎年現代美術の展覧会を企画してきました。今年はネオン管や蛍光管を1968年頃から作品の一部に取り入れ、活動をしている倉重光則(1946年生まれ)をとりあげます。ネオン管等の発光に快感を覚えた倉重は、やがて光と物体、物質とのかかわりを追及しだし、近年は絵画からフレームだけを抽出したような構成で光そのものを生命体にみたてた作品を制作しています。
私たちは、彼の創出したライト・アート(光の芸術)の空間を自由に回遊しながら、未知なる体験を味わうことでしょう。さらに酒蔵の空間に佇む私たち自身にも出会うに違いありません。倉重が純粋に創出しようとしているのは、作品が存在し、その作品と出会うプロセスなのです。相互の空間に身を委ね、光の芸術が彩る酒蔵に醸し出される美酒を楽しむことができるでしょう。
会場:旧岡田家住宅(酒蔵)
※伊丹市立美術館の隣
ホームページ
http://www.artmuseum-itami.jp
展覧会問合せ先
Tel.072-772-7447
会場住所
〒664-0895
兵庫県伊丹市宮ノ前2-5-20
交通案内
阪急伊丹駅より徒歩北東へ約9分 JR伊丹駅より徒歩北西へ約6分
阪急バス伊丹中央停留所より徒歩北へ約3分
阪神高速11号池田線 豊中北ICより約15分
名神高速 尼崎ICより約20分
中国自動車道 中国豊中ICより約20分・宝塚ICより約30分
専用駐車場なし(宮ノ前地下有料駐車場等をご利用ください)
ホームページ
http://www.artmuseum-itami.jp
兵庫県伊丹市宮ノ前2-5-20
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索