タイトル等
平木コレクション
にゃんとも猫だらけ
会場
山口県立萩美術館・浦上記念館
会期
2019-09-14~2019-11-17
前段 抱かれ猫の段 9.14(土)~10.14(月・祝)
後段 大騒動の段 10.18(金)~11.17(日)
休催日
9月30日(月)、10月15日(火)、16日(水)、17日(木)、28日(月)、11月11日(月)
開催時間
9:00~17:00
(入場は16:30まで)
観覧料
一般1,000円(800円)、70歳以上の方・学生800円(600円)
にゃん券(ローソンチケット、セブンチケットで買えるお得な2回券)1,500円
※( )は前売りおよび20名以上の団体料金。
※18歳以下と高等学校・中等教育学校・特別支援学校の生徒は無料。
※身体障害者手帳、療育手帳、戦傷病者手帳、精神障害者保健福祉手帳の提示者とその介護者1名は無料。
※にゃん券および前売券は、ローソンチケット(Lコード62959)、セブンチケットでお求めになれます。
主催者
にゃんとも猫だらけ展実行委員会(山口県立萩美術館・浦上記念館、読売新聞社、KRY山口放送)
協賛・協力等
後援 山口県教育委員会、萩市、萩市教育委員会
協力 公益財団法人平木浮世絵財団
beyond2020
概要
中国から渡来し、唐猫(からねこ)と呼ばれ貴族たちに愛玩されて以来、猫はさまざまな文芸や絵画に取り上げられてきました。江戸時代になると、鼠よけとして広く飼われるようになり、庶民にとっても猫が身近な存在になっていきます。人々に愛された猫は、浮世絵版画にも多く描かれ、女性と戯れる日常の姿、時には擬人化された姿で可愛らしさを発揮しています。本当は恐ろしいはずの化け猫もどこか愛嬌があって憎めません。
本展は、そんな浮世絵版画に描かれた猫たちを、近年の猫美術展ブームの火付け役である平木コレクションによってご紹介するものです。2015年にニューヨークでも開催され大好評を博した展覧会が、出品点数を増やした拡大版で萩にやってきます。
会場で作品を見ながら、思う存分にやにやしてください。
イベント情報
各イベントの詳細については、当館ホームページをご覧ください。

1記念講演会「浮世絵の中の猫 かわいい猫からこわい猫まで」聴講無料
講師 森山悦乃氏(公益財団法人 平木浮世絵財団 主任学芸員)
日時 9月14日(土)13:30~15:00 会場 本館講座室(84席)

2記念講演会「遊んで!学べる!江戸の浮世絵」聴講無料
講師 松村真佐子氏(公益財団法人 平木浮世絵財団 学芸員)
日時 10月14日(月・祝)13:30~15:00 会場 本館講座室(84席)

3ちびっこ学芸員になってみよう!(親子見学会&お仕事体験)参加無料
日時 10月22日(火・祝)14:00~16:00
会場 本館エントランスロビーほか
定員 10名(申込先着順、小学生以上対象、要保護者同伴)
お電話(0838-24-2400)にてお申し込みください。9月14日(土)受付開始。

4ギャラリー・ツアー(学芸員の作品解説)要観覧券
日時 毎週日曜 11:00~12:00 会場 本館2階展示室

5藤井美佳 ピアノの夕べ
日時 10月12日(土)18:00~19:00 会場 本館エントランスロビー
料金 1,000円(高校生以下無料、17:00~18:00は本展入場無料)

6ミュージアムコンサート 参加無料
日時 10月6日(日)15:00~16:00 会場 本館エントランスロビー
出演 木原朋子(箏・三味線奏者)

7月夜のナイトミュージム(当日、萩・城下町では萩・竹灯路物語を開催)要観覧券
日時 10月13日(日)19:00まで開館延長(18:00~18:30学芸員の作品解説)

8開館記念日 本展後段の招待券とオリジナルグッズをプレゼント
日時 10月14日(月・祝)9:00~17:00 展覧会ご来場の先着200名様

9鑑賞バスツアー(山口市内発着、学芸員の作品解説つき)要参加費(昼食代含む)・要観覧券
実施日 10月5日(土)
旅行企画 実施 防長交通株式会社
山口県萩市大字平安古町553-1 TEL:0838-22-3811 FAX:0838-25-1258
国内登録旅行業第2-41号 国内旅行業務取扱管理者: 藤崎友行(担当:守永)
ホームページ
https://www.hum.pref.yamaguchi.lg.jp/exhibition/special/2019/11/038054.html
会場住所
〒758-0074
山口県萩市平安古町586-1
交通案内
◆ 萩市内から美術館へのアクセス

●萩・明倫センターから徒歩約5分、または萩バスセンターから徒歩約12分
●JR 東萩駅から タクシー約7分
●JR 玉江駅から 徒歩約20分
●JR 萩駅から 萩循環まぁーるバス(西回り:晋作くん)約30分

※市外からバスでお越しのお客様は、萩・明倫センター、または萩バスセンターで下車されるのが便利です。
※萩循環まぁーるバスは、萩市役所を起点に松陰神社方面をめぐる東回りと城下町方面をめぐる西回りの2つのコースがあります。美術館からは、西回りバス停「萩美術館 浦上記念館・萩城城下町入口」のご利用が便利です。
ホームページ
http://www.hum.pref.yamaguchi.lg.jp/
山口県萩市平安古町586-1
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索