タイトル等
-ミュゼ浜口陽三・ヤマサコレクション 2019年冬の企画展-
凹凸(おうとつ)に降る
小野耕石、滝澤徹也、中谷ミチコ、浜口陽三
会場
ミュゼ浜口陽三・ヤマサコレクション
会期
2019-10-05~2019-12-22
休催日
月曜日(ただし10/14、11/4は開館)、10/15(火)、11/5(火)
※10/19(土)は16:00まで。トーク開催のため展覧会場が見えにくくなります。ご了承ください
開催時間
11:00~17:00
(土日祝は10:00~)、いずれも最終入館16:30
《ナイトミュージアム》 会期中の第1・3金曜日(10/18、11/1、11/15、12/6、12/20)は
20:00まで開館、最終入館19:30
観覧料
大人600円 大学・高校生400円 中学生以下無料
概要
「いちばんたいせつなことは、目に見えない」とは小説『星の王子様』の一節です。本展では、はっきりと形をとらない大切なものを、てのひらにさぐり、凹凸のあわいを模索する三人の現代作家を紹介します。
スクリーンプリントを刷り重ね、観念的な立体版画を作り上げる小野耕石、蜘蛛の巣や北欧の岩石を刷りとり、時や歴史を象る滝澤徹也、石膏を型に、樹脂を流し込み、心の結晶を幻影として見せる中谷ミチコ。
かつて東京美術学校の彫塑科を中退してフランスに渡った浜口陽三は、銅の表面を限りなく細かく刻むメゾチントという技法に辿りつきました。
浜口のやわらかな銅版画と共に、とらえられないものを求めて、その触感を実在化するように表現へ深くもぐりこむ、現代の静かな心の象形をご鑑賞ください。
イベント情報
出品作家によるトーク
小野耕石、滝澤徹也、中谷ミチコ×谷川渥氏(美学者)
日 時 10/19(土) 17:00~18:00 トーク18:00~ 作家を囲んでレセプション
参加費 入館料のみ。ご自由に参加できます。
申込み 10/5(土) 11:00より電話受付(開館時間中)
ホームページ
https://www.yamasa.com/musee/exhibitions/%E5%87%B9%E5%87%B8%E3%81%AB%E3%81%B5%E3%82%8B%e3%80%80%E5%B0%8F%E9%87%8E%E8%80%95%E7%9F%B3%E3%80%81%E6%BB%9D%E6%BE%A4%E5%BE%B9%E4%B9%9F%E3%80%81%E4%B8%AD%E8%B0%B7%E3%83%9F%E3%83%81%E3%82%B3%E3%80%81/
会場住所
〒103-0014
東京都中央区日本橋蛎殻町1-35-7
交通案内
地下鉄

◎半蔵門線水天宮前駅 3番出口 徒歩1分
地下鉄半蔵門線の水天宮前駅の3番出口から地上に出たら、うどん屋さんと、細い道路を隔てて左斜め向かいに、1階ガラス張りのギャラリー風の建物を探してください。
入口上方に青色と黒色の旗(バナー)が見えます。

◎日比谷線人形町駅 A2出口 徒歩8分
◎浅草線人形町駅 A5出口 徒歩10分
人形町通りを半蔵門線水天宮前駅方向へ、FedEx Kinko's Japan (フェデックス キンコーズ・ジャパン) を通り過ぎ、さらに200mほどまっすぐ行きます。首都高速高架のすぐ手前右側の厚木クリニックの角を右に曲がると2軒目の建物が美術館です。1階ガラス張り、入口上方の青色と黒色の旗(バナー)が目印です。

※日本橋三越前から歩くと20分以上かかります。最寄駅の水天宮前のご利用をおすすめします。


バス

中央区コミュニティバス(江戸バス) 北循環ルート
「蛎殻町一丁目水天宮前駅 <22番>」下車 徒歩3分
運行時間 20分間隔
料金 100円(未就学児無料)

主要駅からご利用の場合の所要時間
・東京駅から「東京駅八重洲北口(八重洲地下街北入口)<6番>」より約30分
・三越前駅から「本石町一丁目(日本橋三越前)<8番>」より約27分




首都高速 浜町出口から600m、約3分
首都高速 清洲橋出口から450m、約3分

東京シティエアターミナル駐車場入口前
※美術館には駐車場がありません。向かいのコインパーキングをお使いください。
ホームページ
http://www.yamasa.com/musee/
東京都中央区日本橋蛎殻町1-35-7
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索