タイトル等
舟越桂展
会場
北海道立旭川美術館
会期
2003-09-06~2003-10-23
休催日
月曜日(9/15、10/13は開館)9/16、10/14
開催時間
10:00~17:00(入場は16:30まで)
観覧料
一般 1000円(750円)
高・大学生 600円(450円)
小・中学生 400円(300円)
※( )内は10名以上の団体料金
概要
舟越桂は、1951年彫刻家・舟越保武の次男として生まれ、東京造形大学、東京芸術大学大学院に学びました。1980年代初めには楠(くすのき)を使い、大理石の眼をはめ込んだ半身像に着手。独自の彫刻すら居るを確率し具象彫刻な新たな可能性を切り開いた作家として大きな注目を集めました。これまでベェネツィア・ビエンナーレ、サンパウロ・ビエンナーレ、ドクメンタIXなど海外展をはじめ多くの展覧会に出品を重ね、本年は第33回中原悌二郎賞を受賞。めざましい活躍をみせています。
本展は、舟越桂の20年あまりの制作の歩みを、最新作を含む37点の木彫作品、さらにドローイングによってたどる初の本格的な回顧展です。人間そんざいに対する普遍的な問いを喚起させ、現代に生きる私たちの共感を呼ぶ舟越桂の人間像。その豊かで多様な造形世界を心ゆくまで堪能してくただく機会といえるでしょう。
ホームページ
http://www.dokyoi.pref.hokkaido.jp/hk-asamu/
展覧会問合せ先
TEL(0166)25-2577 FAX(0166)25-2539
会場住所
〒070-0044
北海道旭川市常磐公園内
交通案内
[徒歩]
JR旭川駅から徒歩20分

[バス]
JR旭川駅北側の1条通の14番バス停(1条8丁目)から、3・13・23・24・33・35番のバスに乗車。もよりのバス停は4条4丁目(3・33・35番)、徒歩5分。または8条西1丁目(13・23・24番)、徒歩3分。また、常磐公園前を経由するバスもご利用いただけます。バス停から徒歩7分。

[タクシー]
旭川駅前から約10分
ホームページ
http://www.dokyoi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/abj/top.htm
北海道旭川市常磐公園内
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索