タイトル等
なつやすみの美術館 9
水と美術 feat. 坂井淑恵
会場
和歌山県立近代美術館
会期
2019-07-09~2019-09-08
休催日
月曜日(7月15日、8月12日は開館し、それぞれ翌16日、13日に休館)
開催時間
9:30~17:00
(入館は16:30まで)
観覧料
一般510(410)円、大学生300(250)円
( )内は20名以上の団体料金
*高校生以下、65歳以上、障害者の方、県内に在学中の外国人留学生は無料
*第4土曜日(7月27日、8月24日)は「紀陽文化財団の日」として大学生無料
概要
地球にはあたりまえのようにある水 美術館にはありますか?
地球は水の惑星とも言われます。水が液体として地表に存在する星は極めて珍しく、多様な生物が生まれたのも水のおかげとされています。わたしたち人間の体もほぼ3分の2が水でできています。
美術館の展示室では水を飲んだりすることはできませんが、水の様々なあり方を多くの作品が表現しています。例えば水が生み出す雨や霧などの様々な気象が、作品には描かれています。雨となって降りそそいだ水は、川となり海へといたります。水面に生じる波紋、水中の生き物、水浴びする人たち等々、この展覧会では作品の中の水を追いかけていきます。入口を案内してくれるのは、和歌山市在住の画家・坂井淑恵(さかいよしえ)さんの作品。水と自分の関わりをおよそ45人の作家による作品65点から振り返る展覧会です。今年のなつやすみは、美術館でうるおいましょう。
イベント情報
■アーティスト・トーク 出品作家の坂井淑恵さんに制作についてお話をうかがいます。
7月14日(日)14:00―15:30 美術館2階ホール

■ワークショップ 講師:坂井淑恵 (画家)
日時:8月18日(日)13:00―16:00
内容:水と自分の関係を考えながら作品にしていくワークショップです。
主催:和歌山県/一般財団法人和歌山県文化振興財団
企画・運営協力:特定非営利活動法人和歌山芸術文化支援協会
申込手続きの詳細はお問い合わせください。

■フロアレクチャー(学芸員による展示解説)
7月20日(土)、8月3日(土)、25日(日)、9月8日(日)
いずれも14:00- 展示室

■こども美術館部(隔月開催の小学生を対象とした鑑賞会)
「美術館でもぐれ!」8月10日(土)11:00―12:00 展示室
要事前申し込み、同伴される保護者は要観覧券

■だれでも美術館部(だれでも参加できる作品鑑賞会)
8月10日(土)14:00―15:00 展示室

■たまごせんせいとわくわくアートツアー
(和歌山大学美術館部の学生による鑑賞ガイド)
8月12日(月・祝)、14日(水)-17日(土)、20日(火)-22日(木)
各日11:00―、13:30―、15:00―の3回、各回45分 展示室
ホームページ
http://www.momaw.jp/exhibit/now/2019summer9.php
会場住所
〒640-8137
和歌山県和歌山市吹上1-4-14 (和歌山城となり)
交通案内
[バスでお越しの方]
JR和歌山駅または南海電鉄和歌山市駅から約10分
和歌浦口方面行き「県庁前」下車、徒歩2分
※関西国際空港からリムジンバスでJR和歌山駅まで約40分

[タクシーでお越しの方]
JR和歌山駅から約15分
南海和歌山市駅から約10分

[お車でお越しの方]
阪和自動車道和歌山インターチェンジより和歌山城方面へ約15分
ホームページ
http://www.momaw.jp/
和歌山県和歌山市吹上1-4-14 (和歌山城となり)
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索