タイトル等
山種美術館 日本画アワード
―未来をになう日本画新世代―
会場
山種美術館
会期
2019-08-10~2019-08-23
休催日
8/13(火)、8/19(月)
開催時間
午前10時~午後5時
(入館は午後4時30分まで)
観覧料
一般700円(500円)・大高生500円(300円)・中学生以下無料
*( )内は20名以上の団体料金、および前売料金
*障がい者手帳、被爆者健康手帳をご提示の方、およびその介助者(1名)は無料
*本展使用済入場券(有料)のご提出で、会期中入館料が団体割引料金となります
(1枚につき1名様 1回限り有効)
[きもの割引]会期中、きもの・ゆかたでご来館のお客様は、団体割引料金となります
・但し、複数の割引の併用はできません
主催者
山種美術館
協賛・協力等
[後援]文化庁、東京都、読売新聞社
[協賛]セイコーホールディングス株式会社 [協力]谷中得応軒
beyond2020
概要
山種美術館では、日本画の新たな創造に努める優秀な画家の発掘と育成を目指す公募展「Seed 山種美術館 日本画アワード2019」を開催します。
今回は、7人の審査員による厳正な審査の結果、全189点の応募作品の中から、大賞・安原成美≪雨後のほほ≫、優秀賞・青木秀明《鴯鶓(エミュー)ノ図 -飛べない鳥-》、特別賞(セイコー賞)・近藤守《nostalgie》、および奨励賞として、江川直也《雪野に佇む》、北川安希子《新天地》、外山諒《Loka-dhaatu》、永岡郁美《青想夜夢》、森萌衣《団欒》の5作品の受賞が決定しました。
本展では、これらの受賞作品をはじめとする入選作品全44点を一堂に公開します。今後の活躍が期待される若手画家たちによる、新鮮な魅力にあふれた力作の数々を通して、日本画の新たな息吹と確かな未来を感じ取っていただければ幸いです。
なお、本展会期中には、当館コレクションの中から、椿椿山≪久能山真景図≫【重要文化財】、酒井抱一≪秋草鶉図≫【重要美術品】をはじめとする江戸絵画の優品を厳選して展示します。若手画家の入選作品とあわせて是非ご覧ください。
イベント情報
(当日ロビー集合、先着順)
「受賞者・入選画家によるアーティストトーク」
各回4-5名(予定)の受賞・入選者の方に、展示室内でお話しいただきます。
・日程:8/10(土)、8/11(日)、8/12(月・振休)、8/17(土)、8/18(日)
・時間:1回目11時-12時、2回目14時-15時(1日2回。トーク時間:約60分/回)
・定員:各日25名様(※事前予約は受け付けておりません)
・受付:各回ともに、30分前よりロビーにて整理券を先着25名様に配布致します。
(整理券はお1人様1枚に限ります)
・集合場所:当日山種美術館1階ロビー集合
・参加料:無料(但し、当日有効の入場券が必要)
*都合により、一部日程で実施見送りとなる場合もございます。*詳細は、当館HPのイベント情報をご確認ください。
ホームページ
http://www.yamatane-museum.jp/exh/2019/seed2019.html
展覧会問合せ先
ハローダイヤル03-5777-8600(電話受付時間 午前8時-午後10時)
会場住所
〒150-0012
東京都渋谷区広尾3-12-36
交通案内
【徒歩でのアクセス】
▶ JR 恵比寿駅西口・東京メトロ日比谷線 恵比寿駅 2番出口より
徒歩約10分

【バスでのアクセス】
▶ 恵比寿駅前より
日赤医療センター前行 都バス(学06番)に乗車、
「広尾高校前」下車 徒歩1分

▶ 渋谷駅東口ターミナルより
日赤医療センター前行 都バス(学03番)に乗車、
「東4丁目」下車 徒歩2分

【お車でお越しの方へ】
当館は専用の駐車場がございません。周辺の駐車場をご利用下さい。
ホームページ
http://www.yamatane-museum.jp/
東京都渋谷区広尾3-12-36
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索