タイトル等
菅野由貴子(かんのゆきこ) ガラス絵と絵本の世界展
会場
鹿沼市立川上澄生美術館
1階展示ホール
会期
2019-07-20~2019-09-01
休催日
月曜日(ただし、7/16、9/17は開館)、7月17日(火)
開催時間
9:00~17:00
(入館は16:30まで)
観覧料
入場無料
概要
大学卒業後銅版画を習い、その後「版画をやっているならガラス絵もできるのでは?」と薦(すす)められ、2005年から年一回、新潟の羊画廊でのガラス絵展に参加するようになりました。
ガラス絵は裏側から描き、見る側と反転します。なので版画家が多くやっているようです。ガラスの透明感と、裏側からの重なり合った色味は、紙に描いた感じとはまた別の美しさがあります。
作家活動と並行して、絵本作家として絵本も制作していますが、海のお話など水々しい透明感を出したい時などガラス絵の手法を試してみたりと、絵本の表現もさまざまな手法を使う事で、幅が広がったような気がします。
ガラス絵は小さな宝石箱とも言われ、繊細で小さいのが特徴です。一つ一つ小さな宝石を見るように、絵本のような小世界を楽しんでいただけたらと思います。
イベント情報
作家のギャラリー・トーク
8月18日(日)14:00~14:30
ホームページ
https://kawakamisumio-bijutsukan.jp/publics/index/134/#page-content
会場住所
〒322-0031
栃木県鹿沼市睦町287-14
交通案内
●JR日光線 鹿沼駅から 徒歩20分
●東武日光線 新鹿沼駅から 徒歩30分
●東北自動車道 鹿沼I.C.から 約6km
ホームページ
http://kawakamisumio-bijutsukan.jp/
栃木県鹿沼市睦町287-14
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索