タイトル等
G3-Vol.129 本と人と作品の空間を考える03 新しい古本
会場
熊本市現代美術館
ギャラリーⅢ
会期
2019-07-10~2019-08-25
休催日
火曜日休館
開催時間
10:00~20:00
観覧料
入場無料
主催者
熊本市現代美術館[熊本市 公益財団法人熊本市美術文化振興財団]
協賛・協力等
企画協力:山下陽光(「途中でやめる」主宰、「新しい骨董」メンバー)
概要
熊本市現代美術館のフリースペ ース「ホームギャラリー」は、2002年の開館当初から、来館者によって多目的に活用されてきました。中でも、マリーナ・アブラモヴィッチによる壁面本棚の作品《Library for Human Use》(2002)には、6000 冊の本が開架され、美術館の中の読書室として、日常の空間をつくりあげています。しかし、それでも開架冊数には限界があり、新しい本が出版されても、本棚の中身はほとんど動きがないのが現状です。シリーズ「本と人と作品の空間を考える」第3弾となる今回は、雑誌のバックナンバー(約20タイトル約300 冊)を開架するとともに、古着をリメイクした服「途中でやめる」の販売や「〈新しい骨董〉とでもいうべき何か」の模索にも取り組む山下陽光の企画協力のもと、「現代美術館」としての本や情報の新たな価値について考える機会をつくります。
イベント情報
GIII vol. 129 新しい古本
[トーク&ワークショップ]
開催日 2019年7月13日(土)
時間14:00~15:30
場所展覧会会場内(ギャラリーIII)
料金・参加費無料
講師山下陽光(「途中でやめる」主宰、「新しい骨董」メンバー)
「新しい古本」企画協力者の山下陽光が、本や情報に関するあれこれについて話します
トーク&ワークショップの話題[予定]
古インターネット屋さん始めます。/ココ見てますかねサカキョ? 坂口恭平が見てる前提で書く最近の面白かったインターネット!/面白いこと1000/小林信彦『怪物がめざめる夜』をヤフオク、メルカリ、日本の古本屋、アマゾンで35冊(~50冊)買った話/手に入れる道順/今から15年前、大竹伸朗さんに『既にそこにあるもの』を文庫化させて下さいと直談判した話/牛丼を無茶苦茶美味しく食べるラジオ/バイトやめる学校/本屋の隣の喫茶店/いつまでも生きていたい日記/かつてのインターネット掲示板/月刊射手座新聞/あなたからあなたへめぐるめくるめくるめく本の旅/香港デモのコダマさんが、仕事辞めて店を始めて、その店潰して中古カメラ屋さんをやるまでのこと[ほか]

8/25(日)
新しい古本0円市
時・14:00-20:00(なくなり次第終了)
所・本展会場内
会場内に開架している図書資料の一部を0円(無料)で売ります。<詳細はウェブサイトをご確認ください。>
会場住所
〒860-0845
熊本県熊本市中央区上通町2-3
交通案内
・美術館入口(びぷれす熊日会館3階)までは、通町筋電停又はバス停から徒歩1分です。電車通り側歩道から、エスカレーター又はエレベーターをご利用ください。
・「びぷれす熊日会館」の駐車場(有料)は、数に限りがあります。できるだけ公共交通機関をご利用ください。

JR線をご利用の場合
・熊本駅から 市電またはバスで15分、通町筋下車
・新水前寺駅から 市電またはバスで10分、通町筋下車

航空機をご利用の場合
・熊本空港から 空港バスで40分、通町筋下車

高速自動車道をご利用の場合
・熊本インターから 車又は高速バスで30分、通町筋下車
ホームページ
https://www.camk.jp/
熊本県熊本市中央区上通町2-3
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索