タイトル等
岡山の三角縁神獣鏡
会場
岡山県立博物館
第1展示室
会期
2019-06-04~2019-07-15
休催日
月曜日(祝日の場合は開館、翌日休館)
開催時間
午前9時~午後6時
観覧料
大人250円、65歳以上120円
高校生以下無料
概要
古墳時代の鏡は、豪族の権威や地位を表す器物でした。その代表が三角縁神獣鏡です。邪馬台国の女王卑弥呼が、魏の皇帝から下賜された銅鏡百枚の有力な候補とみなされる一方、中国からの出土はなく、製作地や製作技術について議論、研究が続いています。

今回の特別陳列では、3面の三角縁神獣鏡と、関連する資料を展示しました。それぞれに特徴がある鏡を、間近にご覧ください。
イベント情報
・学芸員による展示解説
日 時:令和元年6月8日、6月29日、7月13日
いずれも土曜日 午後2時~
ホームページ
http://www.pref.okayama.jp/kyoiku/kenhaku/nowExhibitions.htm
会場住所
〒703-8257
岡山県岡山市北区後楽園1-5
交通案内
■ JR岡山駅(東口)から
・徒歩 (約30分)
・路面電車 (約5分)【東山行き】城下 下車 徒歩15分
・バス (岡山駅バスターミナル1番のりば) 岡電バス<後楽園ノンストップバス>10~15分 宇野バス<岡山後楽園バス>10~15分 岡電バス<藤原団地行き>約20分 いずれも「後楽園前」下車すぐ

■お車でお越しの場合
山陽道岡山インターより市街地方面約15分
ホームページ
http://www.pref.okayama.jp/kyoiku/kenhaku/hakubu.htm
岡山県岡山市北区後楽園1-5
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索