タイトル等
メスキータ
エッシャーが、命懸けで守った男。
会場
東京ステーションギャラリー
会期
2019-06-29~2019-08-18
休催日
月曜日(7/15、8/12は開館)、7/16[火]
開催時間
10時~18時
(金曜日は20時まで 入館は閉館の30分前まで)
観覧料
一般1,100(900)円/高校・大学生900(700)円/中学生以下無料
*( )内は前売料金[4/27~6/28販売]
*20名以上の団体は、一般800円、高校・大学生600円
*障がい者手帳等持参の方は100円引き(介添者1名は無料)
[前売券] ローソンチケット(Lコード=33345)、イープラス、CNプレイガイド、セブンチケットにて販売 (4/27~6/28)。
当館受付での販売は4/27~6/16の開館日(閉館30分前まで)に限ります
主催者
東京ステーションギャラリー [公益財団法人東日本鉄道文化財団]
協賛・協力等
企画協力|キュレイターズ
概要
メスキータの日本初回顧展を開催します。
サミュエル・イェスルン・デ・メスキータ(1868~1944)は、19世紀末から20世紀初頭のオランダで活躍した画家、版画家、デザイナーで、この時代のオランダにおける最も重要なグラフィック・アーティストの1人と言われます。
彼は美術学校で多くの学生を指導しましたが、その内の1人であるM.C.エッシャーは大きな影響を受け、生涯メスキータを敬愛して止みませんでした。
メスキータの最大の特色は、木版画のシャープで簡潔な表現にあります。モダン・デザインの興隆を背景に、日本の浮世絵版画などからの影響を取り入れた彼の木版画は、計算し尽くされた構図と、効果的に用いられた明暗のコントラストによって、見る者に強い印象を残します。また、多くの時間を費やして無意識的に描いたドローイングは、シュルレアリスムの自動筆記にも通じる自由な発想に満ちており、メスキータの別の一面を示しています。
1944年1月31日、すでに70歳を超えていたメスキータを悲劇が襲います。ユダヤ人であったメスキータは家族もろともゲシュタポに逮捕され、ほどなくしてアウシュヴィッツで亡くなりました。アトリエに残された膨大な作品の一部は、エッシャーや友人たちが決死の思いで救い出し、戦争中も命懸けで守り抜きます。メスキータの名が今日まで残ったのは、エッシャーをはじめとする人々が、戦後に展覧会を開催するなど、その顕彰に努めたからでもあったのです。
本展は、今年没後75年を迎えたこの知られざる画家の仕事を回願し、その魅力に触れる絶好の機会となります。
イベント情報
①講演会「メスキータに出会うーその生涯と版画」
日時:7/27[土] 19:00~20:30 (18:30 開場)
会場:東京ステーションギャラリー 2階展示室
講師:佐川美智子(美術史家/本展監修者)
参加無料|定員50名|事前申込制
*閉館後の実施の方め、展覧会はご覧いただけません

②ワークショップ「『字(地)と図』で考える版画」
私たちに身近な「字」を使って版画の面白さを体験します。
日時:8/5[月] 14:00~16:00、~17:00 自由鑑賞
会場:東京ステーションギャラリー
講師:大日本タイポ組合(クラフィックデザイナー)
参加費 500円 (要別途入館料) |定員20名 *小学3年生以上が対象です|事前申込制

①・②申込方法:6/29 [土] 以降の開館時間中に当館まで電話[03-3212-2485]でお申込みください。 *定員になり次第受付終了

○ギャラリートーク [担当学芸員による解説]
7/12 [金]、8/2 [金] 15:00~ (約30分)
3階展示室集合|参加無料(要別途入館料)|事前申込不要
*混雑時には中止することがあります

○レンガ・タッチ&トーク
[煉瓦が特徴的な当館のたてもの解説]
7/18 [木]、8/8 [木] 15:00~(約40分)
1階エントランス集合|定員15名|参加無料(要別途入館料)|当日1階受付でお申込みください

○東京駅周辺美術館学生無料ウィーク
7/20 [土]~7/31 [水]
受付にてご本人様の学生証提示で入館料が無料
ホームページ
http://www.ejrcf.or.jp/gallery/exhibition/201906_mesquita.html
会場住所
〒100-0005
東京都千代田区丸の内1-9-1
交通案内
《JR線 東京駅から》
JR 東京駅 丸の内北口 改札前 (東京駅丸の内赤煉瓦駅舎内)

《東京メトロ 丸の内線 東京駅から》
(1) 改札を出てJR線方面(八重洲方面)に向かい、JR丸の内地下中央改札の手前を左折します。
(2) みどりの窓口の前を通過し、丸の内北口方面の階段を上がります。
(3) 東京駅丸の内北口ドーム内に入ると、左手に当館入口がございます。
ホームページ
http://www.ejrcf.or.jp/gallery/
東京都千代田区丸の内1-9-1
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索