タイトル等
没後10年 品川工展(仮)
工夫と研究の楽しいかたち
会場
練馬区立美術館
※会場は2階展示室のみ
会期
2019-11-30~2020-02-09
観覧料
無料
概要
品川工(1908~2009)は、新潟県柏崎市に生まれ、練馬区に居住したゆかりの作家です。
1928年東京府立工芸学校(現都立工芸高校)を卒業後、彫金家・宇野先眠に師事。その後兄・品川力とともに東京帝国大学近くで喫茶店ペリカン(のちのペリカン書房)を開き、そこで立原道造や織田作之助、串田孫一らと出会います。店に出入りしていた帝大生らに訳してもらったモホイ・ナジの著書『材料から建築へ』に感銘を受け、紙彫刻やオブジェなどの制作を始めました。また1935年から恩地孝四郎に師事し、本格的に版画制作を開始しています。木版画を学ぶ一方、印刷会社に勤めた経験から“光の版画”やフォトグラム、鏡を使った“プリントミラー”など様々な版画表現を試みています。また実験的な版画制作と並行してユーモラスなオブジェやモビールも続けて制作し、『新しいモビール』(1971年日貿出版社)、『たのしいペーパークラフト』(1988年講談社)などの著書もあります。
品川は様々なジャンルからのアプローチが可能な作家であり、本人も「版画家」ではなく「造形作家」と呼ばれることを好んだといいます。没後10年の節目の年に開催する本展では、版画やオブジェなどの作品を展示するだけでなくその素材を探り解体・解説することで、品川の原点である「素材」との出会いから出発する造形表現の軌跡を辿ります。親しみやすい造形ながら鋭い実験精神に裏打ちされた品川の作品をご紹介します。
会場住所
〒176-0021
東京都練馬区貫井1-36-16
交通案内
【鉄道】
西武池袋線 「中村橋」駅 徒歩3分
※改札は1か所です。改札を左に出て、線路沿いの道を石神井公園駅方面に130メートル先の右側です。

都心からも意外に近い!
・池袋駅から 16分 (西武池袋線 各駅停車利用)
・渋谷駅から 約30分 (東京メトロ副都心線直通 急行利用)
・有楽町駅から 約40分 (東京メトロ有楽町線直通 各駅停車利用)
・六本木駅から 約40分 (都営大江戸線利用、練馬駅で乗換)

【バス】
関東バス 「中村橋」停留所より 徒歩5分
・阿佐ヶ谷駅北口~中村橋 【阿01】系統 終点
・荻窪駅北口~中村橋 【荻06】系統 終点
・荻窪駅北口~練馬駅 【荻07】系統 「中村橋」下車
ホームページ
http://www.neribun.or.jp/museum.html
東京都練馬区貫井1-36-16
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索