タイトル等
特別展
棟方志功の福光時代 信仰と美の出会い
会場
奈良県立万葉文化館
会期
2019-09-28~2019-11-17
概要
終戦間際の昭和20年4月、棟方志功一家は戦火を避けて富山県福光町に疎開し、昭和26年11月まで6年8ケ月間を過ごします。この在住期間は棟方42歳から48歳までの最も充実した時代でした。本展はそうした棟方志功の福光時代に焦点を当て、「火の願ひ板画柵」「運命頌板画柵」、奇跡的に戦火を逃れた「釈迦十大弟子」などの板画作品を主軸とし、この時代に花開いた倭画や書の銘品、書簡等の資料、包装紙や装画本等のデザインまで含めて、棟方志功の藝業を多角的に紹介します。
会場住所
〒634-0103
奈良県高市郡明日香村飛鳥10
交通案内
アクセス①近鉄橿原神宮前駅東口より周遊バス(かめバス)乗車➡万葉文化館西口下車(約二〇分)
アクセス②近鉄・JR桜井駅南口より石舞台行きバス乗車➡万葉文化館下車(約二〇分)
ホームページ
http://www.manyo.jp
奈良県高市郡明日香村飛鳥10
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索