タイトル等
内田あぐり―化身、あるいは残丘
会場
武蔵野美術大学美術館
展示室3・4、アトリウム2
会期
2019-05-20~2019-06-16
休催日
日曜日
※6.16[日]は特別開館
開催時間
10:00~18:00
(土曜日、特別開館日は17:00閉館)
観覧料
無料
主催者
武蔵野美術大学 美術館・図書館
協賛・協力等
協力:武蔵野美術大学 日本画学科研究室
概要
現代日本画を代表する作家のひとりである内田あぐり(1949年-)は、身体をテーマに圧倒的な世界観を放つ作品を描き、新たな日本画の可能性を示してきました。本展では、新作を含めた近年の代表的な大型の日本画作品を中心に、美術館の3つの展示空間を活かしながら、内田あぐり作品における絵画表現の本質とその魅力を紹介します。展示室全体を圧倒する挑戦的な近年の大型作品を展開する一方で、情念を発する初期の濃密な具象作品を対置することで、ダイナミックで緊張感ある作品空間を作り出します。また初期1970 年代から現在に至るまで絵画表現の原質を示すようなドローイングの数々も展示し、その筆致から内田作品の全容を概観します。展示する1990年代後半以降の圧倒的な存在感を感じさせる大型作品は、絵画表現のなかで身体の解体と再構築を繰り返すことで、その周囲を漂う気配や情念など精神的なもの、または空間や時間など人の存在を認識させている概念的なものを、挑発的に取り入れます。今回発表する新作は、、これまで積層されてきた内田あぐりの絵画考による化身として、平原にその姿を現した一つの残丘ともよべる作品となります。
イベント情報
講演会「残丘をめぐる。」
日時:5月20日(月)16:30-18:00
出演:水沢勉氏(神奈川県立近代美術館館長)
×小金沢智氏(太田市美術館・図書館学芸員)
×内田あぐり

ギャラリートーク①
日時:6月3日(月)16:30-17:30
出演:小金沢智氏×内田あぐり

ギャラリートーク②
日時:6月16日(日)14:00-15:00
出演:内田あぐり(聞き手:本展担当者)

※内容など詳細が決まり次第、当館webサイトにてお知らせいたします。
ホームページ
https://mauml.musabi.ac.jp/museum/events/15933/
会場住所
〒187-8505
東京都小平市小川町1-736
交通案内
1. JR中央線「国分寺」駅乗換、西武国分寺線「鷹の台」駅下車 徒歩約18分

2. JR中央線「国分寺」駅北口下車徒歩3分、西武バス「国分寺駅北口入口」発、「武蔵野美術大学」下車すぐ (バス所要時間 約20分)

※お車でのご来館は、ご遠慮下さい。
ホームページ
http://mauml.musabi.ac.jp/museum/
東京都小平市小川町1-736
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索