タイトル等
所蔵作品展
デザインの(居)場所
国境 / 領域 / 時間
会場
東京国立近代美術館工芸館
会期
2019-05-21~2019-06-30
休催日
月曜日
開催時間
10:00~17:00
(入館は16:30まで)
観覧料
一般 250(200)円 ・ 大学生 130(60)円
無料観覧日:6月2日[日]

・( )内は20名以上の団体料金。消費税込。
・高校生以下および18歳未満、65歳以上、MOMATパスポートをお持ちの方、友の会、賛助会員、MOMAT支援サークルパートナー企業(同伴者1名まで、シルバー会員は本人のみ)、キャンパスメンバーズ、障害者手帳をお持ちの方とその付添者(1名)は無料。入館の際、学生証、運転免許証等の年齢が分かるもの、会員証、社員証、障害者手帳をご提示ください。
主催者
東京国立近代美術館
概要
東京国立近代美術館のコレクションにデザイン作品があることは、ご存知ですか?

1988年に、インダストリアルデザインの先駆者と呼ばれるクリストファー・ドレッサーやアール・デコ様式の家具デザインで知られるピエール・シャローなどの作品が収蔵され、以後少しずつその数を増やしてきました。現在は、工業デザイン192点、グラフィックデザイン776点を収蔵しています。本展では、その中から選りすぐりのデザイン作品と、工芸作品を合わせた約120点を通して、デザインの居場所はどこ?という問いに対する答えを国境、領域、時間という3つの視点から考えていきます。デザインという言葉が我々の生活に定着し、様々な場面で聞かれるようになった今日ではありますが、その定義や意味合いは、状況や場所、人によって変化します。そんな、つかみどころのないデザインの存在について、改めて考える機会になれば幸いです。
イベント情報
[担当研究員によるギャラリートーク]
6月9日[日]・6月23日[日]

[タッチ&トーク]
工芸館ガイドスタッフによる鑑賞プログラム
会期中の水・土曜日
※各日とも午後2時から会場にて、参加無料(要観覧券)、申込不要
ホームページ
https://www.momat.go.jp/cg/exhibition/wheredesign2019/
会場住所
〒102-0091
東京都千代田区北の丸公園1-1
交通案内
東京メトロ 東西線 竹橋駅 1b出口より 徒歩8分
東京メトロ 半蔵門線・東西線・都営新宿線 九段下駅出口2より 徒歩12分
ホームページ
http://www.momat.go.jp/cg/
会場問合せ先
03-5700-8600 (ハローダイヤル)
東京都千代田区北の丸公園1-1
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索