タイトル等
幻視者一原有徳の世界15・一原有徳とその時代
会場
市立小樽美術館
3階一原有徳記念ホール
会期
2019-03-02~2019-10-20
観覧料
普通観覧料(美術館のみご覧になれます)
一般 600円(480円)
高校生・市内にお住まいの70歳以上の方 300円(240円)
中学生以下と障がい者(注)無料

共通観覧料(美術館と文学館の両方をご覧になれます)
一般 700円(560円)
高校生・市内にお住まいの70歳以上の方 350円(280円)
中学生以下と障がい者(注)無料
※()は20名様以上の団体料金です
※(注)障がい者:身体障害者手帳、療育手帳又は精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方、およびその介護者の方
概要
一原が活躍した50年代から90年代は、国内外の多様な芸術運動が流動し、芸術の概念が大きく揺れ動いた時代でもありました。また、同時期に日本は高度経済成長を向かえ、その後バブル崩壊を経験します。小樽も商業都市として栄え、小樽地方貯金局(現市立小樽美術館)が面する金融街は多くの人で賑わいましたが、1965年頃に4つの銀行が撤退し始めた頃からその勢いに陰りが見え始めます。

そんな激動の時代の中でも一原の個性は揺らぎませんでした。実験的な技法で版の概念を大きく広げ「現代版画の鬼才」と呼ばれた一原。時代背景と共に、その画業の軌跡を展覧します。
会場住所
〒047-0031
北海道小樽市色内1-9-5
交通案内
○JR小樽駅から 徒歩でおよそ10分
(国道5号線を札幌方向へ進み、産業会館の交差点を海側方向へ左折。手宮線跡地及び日銀金融資料館の近くです)

○中央バス「本局前」バス停から 徒歩でおよそ5分
ホームページ
http://www.city.otaru.lg.jp/simin/sisetu/artmuseum/
北海道小樽市色内1-9-5
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索