タイトル等
現代オートマタがやってきた!
英国自動人形展
会場
釧路市立美術館
会期
2019-04-27~2019-06-23
休催日
月曜休館
4/29・5/6特別開館!
開催時間
10:00~17:00
*金・土:10:00~19:00
観覧料
一般 当日券900円 割引券800円
前売・団体券700円 大学生以下無料
*団体は10名以上 *身体障がい者手帳、療育手帳、精神障がい者保健福祉手帳の交付を受けた方及び付き添いの方は無料
前売券取扱
セブンチケット、MOOガイド(釧路)、コーチャンフォー釧路店、くしろ演劇みたい会、コーチャンフォー釧路文化ホール、釧路市生涯学習センター、釧路市民活動センター(わっと)
主催者
釧路市民文化展実行委員会、釧路市立美術館、公益財団法人釧新教育芸術振興基金、釧路新聞社
協賛・協力等
後援 NHK釧路放送局、FMくしろ、(一財)釧路市民文化振興財団
協賛 アートギャラリー協力会
概要
西洋で「オートマタ」とよばれる機械仕掛けの人形は、工芸品として発展し、18世紀~19世紀にかけて上流階級の間で流行しました。本展は、現代オートマタの先駆的な存在であるポール・スプーナー、マット・スミス、キース・ニューステッドの作品を中心に、自動人形を紹介するものです。
愛嬌のある姿のオートマタは、ハンドルを回すと、内部の機構が動き、私たちにちょっとしたストーリーを見せてくれます。奇想天外な動きに驚かされることもあれば、ユーモアを交えて表現された日常の不条理に、揺さぶられることもあるかもしれません。
会場では、こうした自動人形約70点(大部分は実際に動く様子をお楽しみいただけます)とあわせて、デザインやスケッチなどの資料の展示、機構模型を回して仕組みの面白さを体験できるコーナーも設置します。多様な視点で示唆を与えてくれるイギリスのオートマタの魅力を、この機会にぜひ味わってください。
イベント情報
スペシャル・ギャラリートーク
講師:橋爪宏治氏(本展監修者・現代玩具博物館館長)
①4月29日(月・祝) 15時~16時
②4月30日(火) 10時~11時
③4月30日(火) 13時~14時
集合場所:釧路市立美術館ロビー
*事前申込不要・要観覧料

工作教室「紙でつくるからくりおもちゃ」
講師:渡邊聖司氏(釧路高専機械工学分野准教授)
日時:6月1日(土) 10時~12時
対象:小学4年生~6年生 30名
費用:材料費500円
場所:まなぼっと幣舞802号室
事前申込制:往復ハガキ【5月19日(日)必着】
*申込多数の場合抽選になります。
①住所②参加者氏名(1通につき1名)③ふりがな④年齢⑤電話番号⑥利き手を記載の上、5/19までに釧路市立美術館宛にご郵送ください。
〒085-0836 釧路市幣舞町4-28
ホームページ
https://k-bijutsukan.sakura.ne.jp/bijutsukan-db/archives/228
会場住所
〒085-0836
北海道釧路市幣舞町4-28
交通案内
●徒歩の場合
JR釧路駅から 徒歩20分 (1.6km)
●タクシーご利用の場合
JR釧路駅から タクシーで 約5分
●バス利用の場合
くしろバス停留所「釧路三慈会病院」下車 徒歩1分
●釧路空港からバスご利用の場合
空港前停留所から バス約45分、MOOバスターミナル下車 徒歩5分

※地球環境保全のため、公共交通機関のご利用にご協力下さい。
ホームページ
http://www.pekita.net/
会場問合せ先
0154-42-6116
北海道釧路市幣舞町4-28
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索