タイトル等
特別展
徳川将軍ゆかりの名刀
会場
徳川美術館
会期
2019-04-14~2019-06-02
休催日
月曜日〈祝日の場合は直後の平日。但し、4月28日(日)~5月6日(月・振)は休まず開館〉
開催時間
午前10時~午後5時
(入館は午後4時半まで)
観覧料
一般1,400円 高・大学生700円 小・中学生500円
※20名様以上の団体は一般200円、その他100円割引 ※毎週土曜日は小・中・高校生入館無料
主催者
徳川美術館・名古屋市蓬左文庫・中日新聞社・日本経済新聞社
協賛・協力等
協力:名古屋市交通局
概要
尾張徳川家には徳川家康の遺品「駿府御分物」を含む家康所持の刀剣の他、歴代将軍から下賜された刀剣が多数遺されており、将軍家と尾張家との関係の深さを物語っています。伝来の経緯も、家督相続祝・初入国祝・男子誕生祝・隠居祝・形見分けなど多岐にわたり、刀剣を通じた武家儀礼の様相を知ることができます。
本展では尾張徳川家が徳川将軍家から拝領した国宝9振・重要文化財13振・重要美術品10振を含む徳川将軍ゆかりの名刀全115振を、展示替(前期4/14~5/12・後期5/14~6/2)及び名品コレクション第1展示室での展示を含めて全点公開いたします。
イベント情報
●記念講演会
徳川将軍ゆかりの名刀
4月21日(日) 将軍と大名家との「刀剣贈答」 徳川林政史研究所副所長 深井雅海氏
雅を伝える―宮廷と文化―
5月26日(日) 近代皇室と染織・装束の文化 学習院大学非常勤講師 田中 潤氏
各日午後1時30分~3時 定員150名 ※入館者聴講自由(入館料別途要)

●ギャラリー・トーク
4月24日(水) 雅を伝える―宮廷と文化―
5月22日(水) 徳川将軍ゆかりの名刀
各日午後1時~ ※入館者参加自由(入館料別途要)

●土曜講座
4月27日(土) 「江戸時代の宮廷文化」 学芸員 並木昌史
5月18日(土) 「徳川将軍と尾張徳川家」 学芸部部長代理 原 史彦
各日午後1時30分~3時 ※有料

●GW特別企画
5月1日(水・祝)~5日(日・祝) 武将と刀 記念撮影コーナー
兜や模造刀に触れたり、記念写真をお撮りになれます。
午前11時~午後3時 ※入館者参加自由(入館料別途要)
ホームページ
https://www.tokugawa-art-museum.jp/exhibits/planned/2019/0414-1toku/
会場住所
〒461-0023
愛知県名古屋市東区徳川町1017
交通案内
~電車・バスをご利用の場合~

名古屋駅より

[市営バス]
名古屋駅前2番のりば 基幹2系統 「光ヶ丘」「猪高車庫」方面ゆき
「徳川園新出来」停留所下車(所要時間約20分) 徒歩約3分。

[名鉄バス]
名鉄バスセンター3階 4番のりば 「三軒家」方面ゆき
「徳川園新出来」停留所下車(所要時間約20分) 徒歩約3分。

[JR]
JR中央線「多治見」方面行
「大曽根駅」下車(所要時間約15分) 南出口から徒歩約10分。

[なごや観光ルートバス「メーグル」]
名古屋駅前8番乗り場 名古屋駅発着で平日30分~1時間に1本、
土・日・祝日は20分~30分に1本運行。 (約30分)

栄より

[市営バス]
栄バスターミナル(オアシス21) 3番のりば
基幹2系統 「引山」「四軒家」方面ゆき
「徳川園新出来」停留所下車(所要時間約20分) 徒歩約3分。

[市営地下鉄]
名城線(右回り)
「大曽根駅」下車(所要時間約15分) 3番出口から 徒歩約15分。


~車をご利用の場合~

東名高速 名古屋 IC より

IC 下車後、県道60号(東山通)を名古屋市街に向かって約8km直進、
「今池」交差点を右折約1.3km、「古出来」交差点を左折約0.7km
「徳川美術館南」交差点を右折 (所要時間約30分)

名神高速 一宮 IC より

名古屋高速 16号一宮線→清洲JCT→6号清洲線→1号楠線→「黒川」出口右折 (所要時間約30分)
ホームページ
http://www.tokugawa-art-museum.jp/
愛知県名古屋市東区徳川町1017
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索