タイトル等
春の企画展
木田金次郎かきくけこ
会場
木田金次郎美術館
展示室1~3
会期
2019-04-05~2019-06-30
概要
木田金次郎(1893-1962)は、有島武郎(1878-1923)との運命的な出会いから、彼の小説『生れ出づる悩み』(1918年)の主人公のモデルとして描かれ、広く知られることとなった画家です。有島の示唆を受け、故郷岩内を拠点に描き続けたその作品は、『生れ出づる悩み』出版100年を迎えた昨年、東京や札幌でも展示され、多くの方にご覧いただきました。
1994年の開館から、活動を続けてまいりました木田金次郎美術館は、本年開館25周年を迎えます。年に3回の展示替えを通じて、木田作品をさまざまな形で紹介してまいりました。
当館では、木田作品の画風の特徴やエピソードを、より親しみをもってお伝えできればと、遊び心もそえながら、カルタ風の解説を付けて紹介するという試みを行ってきました。「木田金次郎あいうえお」(2017年)、「いろはに木田金次郎」「みんなでつくる いろはに木田金次郎」(2018年)です。“肩のこらない展覧会”として、多くの方に好評をもってご覧いただきました。
今回は、これまでの“カルタの読み札”をすべて一新して、あらためて木田作品の魅力を、親しみやすくお伝えしようとするものです。
「かきくけこ」と、五十音がすべて含まれている “カルタの読み札” から、木田作品のエッセンスを読み取っていただければ幸いです。
会場住所
〒045-0003
北海道岩内郡岩内町万代51-3
交通案内
■ お車でお越しの場合

・ニセコ町→岩内町
40分

・札幌市(R5)→余市町→(R5)→共和町→(R276)→岩内町
2時間

・札幌市(R230)→喜茂別町→(R276)→倶知安町→(R5)→共和町→(R276)→岩内町
2時間30分

・千歳市→支笏湖→(R276)→倶知安町→(R5)→共和町→(R276)→岩内町
2時間30分

・函館市から(R5)→長万部町→寿都町→(R229)→岩内町
4時間


■ バスで(中央バス) お越しの場合

・札幌駅前ターミナル→岩内ターミナル
2時間30分

・小樽駅前→岩内ターミナル
1時間30分

★岩内ターミナルから木田金次郎美術館までは徒歩1分です★
ホームページ
http://www.kidakinjiro.com/
北海道岩内郡岩内町万代51-3
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索