タイトル等
[住友財団修復助成30年記念]
文化財よ、永遠に
修復には多くの思いと知恵が詰まっている!
会場
泉屋博古館分館
会期
2019-09-10~2019-10-27
休催日
9/16・23、10/14は開館、9/17・24、10/15は休館
開催時間
10時~17時
(入館は閉館の30分前まで)
概要
住友財団修復助成30周年記念 文化財よ、永遠に
貴重な文化財は、それを大切に守り伝えようとする人々の意志、そして先人の知恵をあつめた卓抜な修復技術に支えられながら、多くの人々の「思い」がこめられて、長きにわたり伝えられてきました。住友財団は1991年より、文化財の維持・修復の事業に助成を行い、これまでに累計千件以上に貢献してきました。このたに、この助成事業が30年をむかえるにあたり、東京、京都、福岡の4会場にて、その軌跡を一挙に紹介する展覧会を企画いたしました。この機会に是非、修復された文化財に触れ、その素晴らしさとともに修復の意義を感じ取っていただきたいと願っております。

泉屋博古館(京都)
千年を超え日本の政治文化の中心であった京都。平安から江戸時代まで、戦乱や天災を超え、この地に守り伝えられてきた彫刻、絵画、文書は膨大な数にのぼります。修復をへて受け継がれるのは、これら貴重な資料だけでなく、修復技術、そして精神です。

泉屋博古館分館(東京)
今に伝わる文化財は、その時代の修復や保存技術によって守られ、長い間の劣化や、天災による損傷をくぐり抜けてきました。現代の技術によって近年修理された国宝や重文を含む絵画や工芸品約30点とその修復過程を紹介します。
展覧会問合せ先
ハローダイヤル:03-5777-8600
会場住所
〒106-0032
東京都港区六本木1-5-1
交通案内
[東京メトロ]
南北線 「六本木一丁目」駅下車・北改札1-2番出口より屋外エスカレーターで 3分
日比谷線 「神谷町」駅下車・4b出口より 徒歩10分
銀座線 「溜池山王」駅下車・13番出口より 徒歩10分
ホームページ
http://www.sen-oku.or.jp/tokyo/
東京都港区六本木1-5-1
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索