タイトル等
太田喜二郎と藤井厚二
-日本の光を追い求めた画家と建築家
会場
目黒区美術館
会期
2019-07-13~2019-09-08
休催日
月曜日 ただし、7月15日(月・祝)及び8月12日(月・休)は開館し、7月16日(火)及び8月13日(火)は休館。
開催時間
10:00~18:00
(入館は17:30まで)
観覧料
一 般 1,000(800)円
大高生・65歳以上 800(600)円
小中生 無料
*障がいのある方・その付添者1名は無料。
*( )内は20名以上の団体料金。
*目黒区内在住、在勤、在学の方は、受付で証明書類をご提示頂くと団体料金になります。(他の割引との併用はできません。)
主催者
(公財)目黒区芸術文化振興財団 目黒区美術館、読売新聞社、美術館連絡協議会
協賛・協力等
協力:竹中工務店、アルファコックス、メガソフト 協賛:ライオン、大日本印刷、損保ジャパン日本興亜、日本テレビ放送網、サッポロホールディングス株式会社
概要
近代京都の洋画家・太田喜二郎と、近代京都の建築家・藤井厚二。本展は、絵画と建築というジャンルの異なる二人について、その交流を通じ紹介することで、日本の近代文化の一側面に光をあてます。
太田喜二郎は東京美術学校(現・東京藝術大学)を卒業後、ベルギーに留学し、明るい光を印象派風の点描で描く技法を身につけました。そして帰国後は、日本の柔らかな光を描く方法を模索しました。一方、藤井厚二は東京帝国大学(現・東京大学)を卒業、竹中工務店に勤務した後、欧米を視察、帰国後は西洋の技術を取り入れながらも、日本の気候風土にあう住宅を追求しました。その究極が、大山崎にある自邸「聴竹居(ちょうちくきょ)」(重要文化財)です。
京都帝国大学(現・京都大学)建築学科でデッサンを教える講師として招かれた太田は、同じ頃に講師として着任した藤井と知り合います。やがて、太田は自邸の設計を藤井に任せ、また二人は茶事などを通じて交流を深めていきます。本展は、そんな太田と藤井の仕事を、新発見の資料などを踏まえて、絵画と建築をクロスさせた新しい視点から紹介します。
イベント情報
①講演会「太田喜二郎と藤井厚二」
日時:7月13日(土)14:00~15:30
講師:植田彩芳子(京都文化博物館 学芸員)
定員:70名/参加方法:当日先着順

②講演会「新しい芸術と藤井厚二の建築」(事前申込制・先着)
日時:7月14日(日)14:00~15:30
講師:藤森照信(東京都江戸東京博物館館長)
定員:申込先着70名
参加方法:事前申込制。下記の申込に必要な情報①~③を、下記の方法により、6月25日より先着受付開始します。
①氏名②住所③電話番号、ファックス、メールなどの連絡方法
・メールで→目黒区美術館ホームページの申し込み専用フォームから
・ファックスで→03-3715-9328 講演会担当宛て(①~③までを必ず明記)
・ハガキで→〒150-0063 東京都目黒区目黒2-4-36 講演会担当宛て(①~③までを必ず明記)

③対談「建築家・藤井厚二を語る」
日時:8月24日(土)14:00~15:30
パネリスト:谷藤史彦(ふくやま美術館 前副館長)×松隈 章(竹中工務店、聴竹居倶楽部代表理事)
定員:70名/参加方法:当日先着順

④大人のための美術カフェ1「太田喜二郎とベルギー」
日時:9月1日(日)14:00~15:00
ナビゲーター:山田真規子(当館学芸員)
定員:50名/参加方法:当日先着順

⑤大人のための美術カフェ2「太田喜二郎邸の謎」
日時:9月8日(日)14:00~15:00
ナビゲーター:河村容治(元東京都市大学教授、本展太田喜二郎邸CG復元映像制作者)
定員:50名/参加方法:当日先着順
※上記①~⑤について、いずれも会場は美術館1階ワークショップ室にて(④は、鑑賞は展示室で行います)。聴講は無料ですが、当日有効の本展観覧券が必要です。

⑥藤井厚二建築ガイドツアー「聴竹居」+「八木邸」(事前申込制・抽選)
日時:7月20日(土)10:30~16:00
ナビゲーター:松隈 章(竹中工務店、聴竹居倶楽部代表理事)、降旗千賀子(フリーランスキュレーター)他
訪問先:藤井厚二設計/「聴竹居(藤井自邸)京都府大山崎町、「八木邸」大阪府寝屋川市
定員:20名(高校生以上)
参加費:一人5,000円(交通費は自己負担、昼食代・資料費・保険代込)
参加方法:事前申込制。申込に必要な情報①~③を、下記の方法により、7月2日(火)から7月4日(木)まで(ハガキの場合は消印)受付し、抽選します。なお、当選通知は建築ツアー案内の発送をもってかえさせていただきます。抽選にもれた方への通知はございませんので、予めご了承ください。
①氏名②住所③電話番号、ファックス、メールなどの連絡方法
・メールで→目黒区美術館ホームページの申し込み専用フォームから
・ファックスで→03-3715-9328 建築ツアー担当宛て(①~③までを必ず明記)
・ハガキで→〒150-0063 東京都目黒区目黒2-4-36 建築ツアー担当宛て(①~③までを必ず明記)
・京都大山崎の集合場所に所定の時刻にお越し頂き、ナビゲーターがご案内します。交通費は各自ご負担いただきます。ツアー終了後に、現地解散します。
・詳細は、参加決定者に別途ご案内します。
ホームページ
https://mmat.jp/exhibition/archive/2019/20190713-64.html
会場住所
〒153-0063
東京都目黒区目黒2-4-36 目黒区民センター内
交通案内
【電車をご利用の場合】
○「目黒駅」をご利用の場合 (徒歩約10分)
○「中目黒駅」をご利用の場合 (徒歩約20分)

【バスをご利用の場合】
○東急バス「権之助坂」停留所をご利用の場合 (徒歩約5分)
○東急バス「田道小学校入口」停留所をご利用の場合 (徒歩約3分)
ホームページ
http://www.mmat.jp/
東京都目黒区目黒2-4-36 目黒区民センター内
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索