タイトル等
広尾開館10周年記念特別展
生誕130年記念
奥村土牛
会場
山種美術館
会期
2019-02-02~2019-03-31
休催日
月曜日[但し、2/11(月)は開館、2/12(火)は休館]
開催時間
午前10時~午後5時
(入館は午後4時30分まで)
観覧料
一般1200円(1000円)・大高生900円(800円)・中学生以下無料
*( )内は20名以上の団体料金および前売料金。
*障がい者手帳、被爆者健康手帳をご提示の方、およびその介助者(1名)は無料。
*本展使用済入場券(有料)のご提出で、会期中入館料が団体割引料金となります(1名様1枚につき1回限り有効)
[きもの割引]会期中、きものでご来館のお客様は、団体割引料金となります*但し複数の割引の併用はできません
主催者
山種美術館、朝日新聞社
協賛・協力等
beyond2020
概要
1966(昭和41)年、東京・日本橋兜町に開館した山種美術館は、2009(平成21)年に渋谷区広尾へ移転して新美術館をオープンしました。2019年、広尾開館10周年を記念する特別展第一弾として、当館と縁が深く、同年に生誕130年を迎える日本画家・奥村土牛(おくむらとぎゅう)(1889-1990)に焦点をあてた展覧会を開催します。
当館の創立者・山﨑種二(やまざきたねじ)は、「絵は人柄である」という信念のもと、画家と直接関わり合うなかで、作品を蒐集しました。特に土牛とは親しく、無名だった時期の支援から約半世紀にわたり交流を続け、現在当館は135点に及ぶ屈指の土牛コレクションで知られています。
本展では、《醍醐》《鳴門》などの代表作をはじめ、再興院展への出品作を中心に約60点の作品を通し、土牛のあゆみをご紹介します。
80歳を過ぎて「死ぬまで初心を忘れず、拙くとも生きた絵が描きたい」と真摯に精進を重ね、100歳を超えても絵筆をとり続けた土牛。この機会に、清らかで温かいまなざしに溢れた土牛芸術をご堪能ください。
イベント情報
(事前予約制)
講演会「牛歩の大輪-土牛の人と画業-」
講師:佐藤道信氏(東京藝術大学 教授)
日時:2019年3月10日(日) 14:00-15:30
会場:國學院大學院友会館(東京都渋谷区東4-12-8)
*山種美術館より徒歩3分。
*地図は國學院大學院友会webサイトでもご覧いただけます。
http://www.kokugakuin.or.jp/access/
主催:山種美術館(お問い合わせ:ハローダイヤル03-5777-8600)
定員:200名(要事前申し込み・先着順)
参加費:無料 *但し、本展入場券または半券が必要。当日会場にて入場券購入も可能。
[お申し込み方法]
FAX・インターネットの場合:詳細は当館Webサイトをご覧ください。
郵送の場合:往復はがきに、住所、氏名(返信面にも)、電話番号、イベント名を明記の上、〒150-0012東京都渋谷区広尾3-12-36「山種美術館イベント係」までお申し込みください。当館受付でもお申し込みいただけます。
*先着順により定員に達し次第、応募を締め切らせていただきます。
*当日講師による展覧会場でのギャラリートークはございません。
ホームページ
http://www.yamatane-museum.jp/exh/2019/togyu.html
展覧会問合せ先
ハローダイヤル03-5777-8600(電話受付時間8:00-22:00)
会場住所
〒150-0012
東京都渋谷区広尾3-12-36
交通案内
【徒歩でのアクセス】
▶ JR 恵比寿駅西口・東京メトロ日比谷線 恵比寿駅 2番出口より
徒歩約10分

【バスでのアクセス】
▶ 恵比寿駅前より
日赤医療センター前行 都バス(学06番)に乗車、
「広尾高校前」下車 徒歩1分

▶ 渋谷駅東口ターミナルより
日赤医療センター前行 都バス(学03番)に乗車、
「東4丁目」下車 徒歩2分

【お車でお越しの方へ】
当館は専用の駐車場がございません。周辺の駐車場をご利用下さい。
ホームページ
http://www.yamatane-museum.jp/
東京都渋谷区広尾3-12-36
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索