タイトル等
開館20周年記念展 北斎ー永田コレクションの全貌公開<序章>
会場
島根県立美術館
会期
2019-02-08~2019-03-25
【前期】2月8日(金) ~ 3月4日(月)
【後期】3月6日(水) ~ 3月25日(月)
休催日
火曜日
開催時間
10:00~18:30
[2月]10:00~18:30(展示室への入場は18:00まで)
[3月] 10:00~日没後30分(展示室への入場は日没時刻まで)
観覧料
当日券
一般/企画展:1,000(800)円、企画展・コレクション展セット:1,150(920)円
大学生/企画展:600(450)円、企画展・コレクション展セット:700(530)円
小中高生/企画・コレクション展セット:300(250)円

前売券
一般/企画・コレクション展セット:900円
※ ( )内は20名以上の団体料金
※ 小中高生の学校教育活動での観覧は無料
※ 身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方、及びその付添の方は観覧無料
※ ミュージアム・パスポートでご覧いただけます
※前売券は、ローソン各店(Lコード61972)、チケットぴあ窓口(Pコード 769-437)、セブンチケット及び
各プレイガイドにてお求めになれます(1/1から3/25まで販売します)
主催者
島根県、島根県立美術館、TSK山陰中央テレビ、NHK松江放送局、日本経済新聞社、山陰中央新報社、SPSしまね
協賛・協力等
補 助:平成30年度 文化庁 文化芸術創造拠点形成事業 beyond2020
後 援:朝日新聞松江総局、毎日新聞松江支局、読売新聞松江支局、産經新聞松江支局、中国新聞社、新日本海新聞社、島根日日新聞社、BSS山陰放送、日本海テレビ、エフエム山陰、山陰ケーブルビジョン
概要
北斎研究で国内外に知られる美術史家・永田生慈(ながたせいじ)氏(一九五一-二〇一八)は、半世紀にわたり北斎やその門人らの作品を蒐集しました。そのコレクションには、北斎の青年期から晩年期までの各期の錦絵、摺物(すりもの)、版本(はんぼん)、肉筆画があり、中には保存状態が良い初摺(しょずり)の逸品や、世界で一点または数点しかない貴重な作品も数多く含まれています。さらに蹄斎北馬(ていさいほくば)、柳々居辰斎(りゅうりゅうきょしんさい)ら門人たちの作品も幅広く網羅しており、その総数は二〇〇〇件を超えます。北斎の七十年に及ぶ画家人生はもちろん、同時代や後世に与えた影響関係まで多角的に概観できる内容であり、北斎に関する個人コレクションとしては世界屈指の規模を誇るといえるでしょう。
二〇一七年度、島根県はこの「永田コレクション」の一括寄贈を受けました。当館では今後およそ十年をかけてこの壮大なコレクションを調査し、数回の展覧会を通して、その全貌を公開する予定です。まずは受贈記念当館の開館二十周年記念に当たる本展において、コレクション中の主要な作品をお披露目いたします。永田コレクション全貌公開へ向けた<序章>をどうぞお楽しみください。
イベント情報
参加無料 要事前申込
オープニングセレモニー
抽選で30名様をオープニングセレモニーにご招待します。
また当日抽選でオープニングセレモニーのテープカットにご参加いただけます。
【日 時】2月8日(金) 9:40~ (受付 9:15~)
【会 場】美術館ロビー
【特 典】展覧会図録プレゼント

■申込方法
ハガキまたはFAXに必要事項をお書きの上、下記申込先にお送りください。
①お名前(ふりがな) ②郵便番号、住所 ③電話番号 以上必須事項④同伴者のお名前(ふりがな)1名まで可
【申込先】
《 ハガキ 》〒690-0049 島根県松江市袖師町1-5島根県立美術館「北斎」オープニングセレモニーご招待係
《 FAX 》0852-55-4714
【申込締切】2019年1月23日(水) 当日消印有効

※ 申込多数の場合は抽選となります。
※ お客様の個人情報は、当イベントの運営以外には利用いたしません。
※ 当選者の発表は招待状の発送(1月28日頃) をもってかえさせていただきます。

聴講無料 当日先着順
永田生慈氏が語った「北斎」―永田コレクション受贈報告を併せて
過去に当館で開催された故・永田生慈氏の記念講演会映像を、新撮した精細な画像と共に放映。
併せてこの度の永田コレクション受贈について、担当学芸員がご報告します。
【日 時】2月17日(日)、3月21日(木・祝)14:00~(各日13:30開場/約2時間)
【会 場】美術館ホール(190席)

聴講無料 当日先着順
記念講演会「永田コレクションについて」
【講 師】根岸 美佳(浮世絵研究家・元すみだ北斎美術館学芸員)
【日 時】2月24日(日)14:00~(13:30開場/約90分)
【会 場】美術館ホール(190席)

要企画展観覧料
ギャラリートーク(担当学芸員による作品解説)
【日 時】2月11日(月・祝)、3月16日(土)各日14:00~
【会 場】企画展示室


鑑賞無料 当日先着順
美術館キネマ「百日紅 ~ Miss HOKUSAI ~ 」(2015年:原恵一監督)
杉浦日向子の漫画『百日紅』を原作としたアニメ映画。北斎と娘のお栄を中心に、浮世絵師の生活や江戸の風俗をいきいきと描いた作品です。
【日 時】2月10日(日)①10:30~ ②14:00~(各回30分前開場/約90分)
【場 所】美術館ホール(190席)

鑑賞無料
「北斎」ロビーコンサート~歌が絵になる、絵が歌になる「オペラ北斎」より~
作曲家・竹内一樹氏が北斎の作品にインスピレーションを得て創作したオリジナル楽曲を、コンテンポラリーダンスと共に演奏していただきます。
【日 時】3月17日(日) ①10:30~ ②13:00~(各回約30分)
【作 曲】竹内 一樹(作曲家)
【出 演】松江プラバ少年少女合唱隊(合唱) 鈴木 奈菜(ダンサー
【場 所】美術館ロビー
※座席数に限りがある為、立見での鑑賞になる場合がございます。予めご了承ください。

お知らせ
要企画展観覧料
前期来館特典!「後期展プレミアムチケット」プレゼント
配布期間:(前期展示)2月8日(金)~3月4日(月)
特典期間:(後期展示)3月6日(水)~3月25日(月)
「北斎展」前期展示(2/8~3/4)にご来館いただいた方へ、後期展示をお得に楽しめるチケットを差し上げます。割引券のほか素敵なプレゼントが当たる抽選券付きです。
ホームページ
http://www.shimane-art-museum.jp/exhibition/2019/02/034840.html
会場住所
〒690-0049
島根県松江市袖師町1-5
交通案内
■ お車でお越しの方

●山陰自動車道を利用
山陰道「松江西ランプ」から約5分

●国道431号線を利用
「宍道湖大橋北詰」を右折、県道37号線へ →
宍道湖大橋を南進 →
国道9号線「袖師交差点」を南に直進 →
180m程先左折(向かいには日本海テレビビル・ガスト) →(A)

●国道9号線を利用
・米子方面から
国道9号線「袖師交差点」を左折 →
180m程先左折(向かいには日本海テレビビル・ガスト) →(A)

・出雲方面から
国道9号線から「嫁島町信号機」を右折 →
一つ目の信号を左折 →
1km程北進して右折(向かいには日本海テレビビル・ガスト) →(A)

(A)
日本海テレビビル(1階ガスト)向かいのJR高架下をくぐり、奥までお進みください。入口ゲートで駐車券を取って入庫してください。駐車場から美術館正面入口へは地下道をご利用ください。


■ 飛行機でお越しの方

●東京・大阪・福岡・名古屋・隠岐各地から
出雲縁結び空港 →空港連絡バス(約30分) →(B)

●東京から
米子鬼太郎空港 →空港連絡バス(約45分) →(B)

■ 高速バスでお越しの方

●東京・大阪・岡山・広島・福岡など各地から →(B)

■ JRでお越しの方

●東京方面から (新幹線利用)
JR東京駅から新幹線(約3時間20分) →JR岡山駅「特急やくも」(約2時間30分) →(B)

●大阪方面から
JR新大阪駅から新幹線(約50分) →JR岡山駅「特急やくも」(約2時間30分) →(B)

●九州方面から
JR博多駅から新幹線(約1時間40分) →JR岡山駅「特急やくも」(約2時間30分) →(B)

●東京方面から (特急利用)
JR東京駅から寝台特急「サンライズ出雲」(約11時間30分) →(B)

(B)
●JR松江駅から
・徒歩約15分
・松江市営バス「南循環線内回り」(約6分) →「県立美術館前」バス停下車

■ 一畑電車でお越しの方

●松江しんじ湖温泉駅から
観光ループバス「ぐるっと松江レイクライン」(約15分) →県立美術館前バス停
ホームページ
http://www.shimane-art-museum.jp/
島根県松江市袖師町1-5
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索