タイトル等
イン・ア・ゲームスケープ
ヴィデオ・ゲームの風景、リアリティ、物語、自我
会場
NTTインターコミュニケーション・センター[ICC]
ギャラリーA
会期
2018-12-15~2019-03-10
休催日
月曜日(月曜日が祝日の場合は翌日 なお、2/11[月]は休館、2/12[火]は開館)、年末年始(12/28-1/4)、保守点検日(2/10)
開催時間
午前11時~午後6時
(入館は閉館の30分前まで)
観覧料
一般・大学生500円(400円)/高校生以下無料
*( )内は15名様以上の団体料金
主催者
NTTインターコミュニケーション・センター[ICC](東日本電信電話株式会社)
概要
現代の文化としてのヴィデオ・ゲームは、文化庁メディア芸術祭においても顕彰の対象となり、現代の社会にも大きな影響力を持つものとなっています。それは、現代の社会のあり方を反映したものであり、また、これからの社会のありようを見出すことができるものと言ってもいいでしょう。
本展覧会では、現代のヴィデオ・ゲームのあり方や、それらが創り出す文化を検証することで、そこからどのようなことが読みとれるのかを、インディ・ゲーム(*1)、及び、ヴィデオ・ゲーム・アート(*2)の2つの動向から捉えることを試みます。
展覧会タイトル内の言葉「ゲームスケープ(Gamescape)」は、ゲームから見た風景・社会という意味の造語で、ヴィデオ・ゲームがそれぞれのプレイヤー、制作者にもたらす新たな世界観を表現しています。
*1 個人もしくは小規模チームで制作されるヴィデオ·ゲームのこと。制作規模の「小ささ」ゆえ、主流となったヴィデオ·ゲームの概念を覆すような新しい表現の場ともなりつつあり、アニメーション映画、コンテンポラリー·アート、電子音楽など、ヴィデオ·ゲーム以外のさまざまなコンテクストを出自とする開発者の参入も活発化しています。
*2 ヴィデオ·ゲームに馴染み親しんできたアーティストが手がける、ヴィデオ·ゲームのインターフェイスや、ゲーム空間とその構造に着目することで、私たちが日常的にプレイするゲームのもうひとつの意味を考察するなどのアプローチによって制作されたアートの総称。
ホームページ
http://www.ntticc.or.jp/ja/exhibitions/2018/in-a-gamescape/
会場住所
〒163-1404
東京都新宿区西新宿3-20-2 東京オペラシティタワー4階
交通案内
電車をご利用の場合

京王新線「初台駅」東口から徒歩2分
(都営地下鉄新宿線乗り入れ, 新宿から2分)


車をご利用の場合

首都高速4号線新宿ランプ下車
山手通り・甲州街道交差点
(東京オペラシティB2F 時間貸駐車場 30分300円)


バスをご利用の場合

渋谷駅西口バスターミナルから約20分
京王バス(渋61・63・66), 都営バス(渋66) 東京オペラシティ南下車.
または, 京王バス(渋64) 東京オペラシティ下車
ホームページ
http://www.ntticc.or.jp/
会場問合せ先
0120-144199
東京都新宿区西新宿3-20-2 東京オペラシティタワー4階
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索