タイトル等
特別企画展
棟方志功展
~世界への序章 富山・福光(ふくみつ)時代
会場
鹿児島市立美術館
会期
2019-03-29~2019-05-06
休催日
※月曜日(祝日のときは翌平日)は休館
観覧料
個人 一般300円 高大生200円 小中生150円
団体 一般240円 高大生160円 小中生120円
年間パスポート 一般600円 高大生400円 小中生300円
(団体は20名以上です。)
(年間パスポートは購入日から1年間何回でも観覧できます。)
主催者
南日本新聞社、鹿児島市立美術館
概要
日本を代表する版画家の棟方志功(1903-1975)は、昭和20年(1945)から約7年間、富山県福光(ふくみつ)町(現・南砺(なんと)市)に疎開しました。棟方は福光の豊かな自然と浄土真宗の信仰厚い土地柄に影響を受け、質量ともに充実した創作活動を展開しました。
後に棟方が国際的に活躍する原点となった福光時代を中心に、多くが鹿児島初公開となる貴重な作品約70点を紹介します。
ホームページ
https://www.city.kagoshima.lg.jp/artmuseum/exhibitioun-h31munakata.html
会場住所
〒892-0853
鹿児島県鹿児島市城山町4-36
交通案内
公共交通機関で来館の場合
■ カゴシマシティビューバス「西郷銅像前」下車、徒歩1分。
■ 市電「朝日通」、バス「金生町」下車、徒歩5分。
■ 鹿児島本線 鹿児島中央駅より、車で10分。
ホームページ
http://www.city.kagoshima.lg.jp/artmuseum/
鹿児島県鹿児島市城山町4-36
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索