タイトル等
鹿沼市制70周年記念
手紙のなかの川上澄生
おてがみいろいろあります
会場
鹿沼市立川上澄生美術館
2階展示室
会期
2018-12-01~2019-03-31
休催日
月曜日(12月24日、1月14日、2月11日は開館)、年末年始【12月28日~1月4日】、
12月25日、1月15日、2月12日、3月22日
開催時間
午前9時~午後5時
(入館は午後4時30分まで)
観覧料
一般300円(200円)、高校・大学生200円(100円)、小・中学生100円(50円)
※( )内は20名以上の団体料金、東武沿線美術館連携事業割引料金、M割料金
※毎週土曜日は小・中学生無料
※毎月第3日曜日は鹿沼市内の中学生以下の子どもと同伴のご家族は無料
※障がい者手帳の交付を受けている方とその介護者1名は無料
※2月9日[土]は鹿沼ジュニア版画大賞表彰式のため、3月9日[土]は木版画大賞受賞式のため無料


M割(ミュージアム割引)でまた行こう!
川上澄生美術館では、栃木県博物館協会の共通割引制度(M割)を実施しています。M割参加館の有料入館券(M割印押印あり)を持って、入館日から6か月以内にM割参加館に入館すると割引料金を受けられます。参加館については栃木県立博物館または当館ウェブサイトをご覧ください。
※料金割引内容は参加館によって異なります。
概要
からん、と手紙が郵便受けに落ちる音が聞こえると、無性に胸が踊ります。皆さまは、最後にお手紙を書いたのはいつですか。
版画家・川上澄生(1895-1972)は、その77年間の生涯の中で、多くの手紙を残しました。
インターネットが発達していなかった時代、手紙は今よりもずっと、身近な存在でした。澄生は、東京や宇都宮などの各地を転々とする中で、さまざまな人々と交友を持ちます。とりわけ、その出会いの多くは、教師生活や創作活動を通じてもたらされました。
知人たちと交わした手紙を読み解くことにより、その親交の一部や、作品の制作背景を覗き見ることができます。
本展は、澄生の手紙や、その内容にまつわる作品の展示を通じて、澄生の交友関係を皆さまにご紹介することを目的とします。
文字と絵、という二つの側面から作家を知ることで、作家の新たな顔を発見できましたら幸いです。
イベント情報
■館長と楽しむ作品鑑賞会(申込不要)
館長のトークとともに展覧会をご覧いただけます。
※企画展チケットが必要です。
日時:12月8日[土] 午後2時~2時30分
会場:2階展示室

■学芸員によるギャラリー・トーク(申込不要)
展覧会の見どころを学芸員が解説いたします。
※企画展チケットが必要です。
日時:1月12日[土]、3月16日[土] 午後2時~2時30分
会場:2階展示室
ホームページ
http://kawakamisumio-bijutsukan.jp/index.php?id=125
会場住所
〒322-0031
栃木県鹿沼市睦町287-14
交通案内
●JR日光線 鹿沼駅から 徒歩20分
●東武日光線 新鹿沼駅から 徒歩30分
●東北自動車道 鹿沼I.C.から 約6km
ホームページ
http://kawakamisumio-bijutsukan.jp/
栃木県鹿沼市睦町287-14
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索