タイトル等
ますむらひろし展
-アタゴオルと北斎と賢治と-
会場
岩手県立美術館
会期
2019-01-03~2019-02-17
休催日
月曜日(1月14日、2月11日は開館)、1月15日、2月12日
開催時間
9:30~18:00
(入館は17:30まで)
観覧料
[一般] 前売800円(当日1,000円)、[高校生・学生] 前売500円(当日600円)、[小学生・中学生] 前売300円(当日400円)
※20名以上の団体は、前売料金と同額で観覧できます。
※療育手帳、身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方、およびその付き添いの方1名は半額になります。
※生協組合員カードをご提示の組合員およびそのご家族は前売料金と同額で観覧できます。
※企画展観覧券で常設展もご覧になれます(1月22日(火)ー1月25日(金)は展示替えのため常設展はご覧いただけません)。

【前売券販売所】※販売は2019年1月2日(水)まで:岩手県立美術館、岩手県民会館、指定プレイガイド(カワトク、アネックスカワトク、フェザン、イトーヨーカドー花巻店、東山堂書店 、さわや書店本店、江釣子SCパル、メイプル、いわて生協 、岩手県庁生協、テレビ岩手アカデミー、ローソン (Lコード:22112)、セブン‐イレブン)
主催者
岩手県立美術館、テレビ岩手、公益財団法人岩手県文化振興事業団、ますむらひろし展実行委員会
協賛・協力等
◆後援:一般社団法人岩手県芸術文化協会、岩手県商工会議所連合会、岩手日報社、盛岡タイムス社、NHK盛岡放送局、IBC岩手放送、めんこいテレビ、岩手朝日テレビ、エフエム岩手、ラヂオ・もりおか、岩手ケーブルテレビジョン、マ・シェリ、情報紙 ゆうゆう
◆協力:公益財団法人アダチ伝統木版画技術保存財団、有限会社風呂猫
◆企画協力:株式会社アドシステム
概要
特徴ある猫のキャラクターと独特のファンタジーで多くのファンを魅了する漫画家ますむらひろし(1952年山形県生まれ、千葉県在住)。宮沢賢治の童話を猫の登場人物で漫画化したシリーズや、アニメーション映画「銀河鉄道の夜」(杉井ギサブロー監督)の原案者としても知られています。
1973年に週刊『少年ジャンプ』の手塚賞に準入選し漫画家デビューを果たしたますむらは、70年代より、ユーモラスな猫ヒデヨシと個性豊かなキャラクターが繰り広げる物語、漫画「アタゴオル」シリーズを制作してきました。猫と人の理想郷「アタゴオル」は宮沢賢治の心象世界「イーハトーブ」に呼応させながら、ますむらが作り上げた空想の世界です。長らく多くの読者に支持されたそのキャラクターは、シチューのCMのほか、大手メーカーの広告に起用され、お茶の間で人気を呼びました。
2005年からますむらは、カラーイラスト「アタゴオル×北斎」を発表。葛飾北斎の描く日本の美しい景勝地の浮世絵に「アタゴオル」の住人たちが溶け込んだ本シリーズの一点一点には、ますむらによる解説文が付けられています。そこでは、浮世絵を模写し「アタゴオル」の要素を加える際の考えやそのプロセス、北斎の画業についての見解が、北斎への尊敬と畏敬の念を持って語られています。
本展では、この「アタゴオル×北斎」シリーズを中心に、登場人物を猫の姿に置き換えつつも原作の文章を忠実に表現した宮沢賢治童話のシリーズ等、ますむらの繊細で色鮮やかなカラーイラスト作品を多数ご覧いただきます。このほか、漫画原稿や創作ノート、作中の小道具の参考資料として使われた、作家自身が所蔵する鉱物や古道具なども併せ、約200点を展示。この機会に、ますむらひろしが生み出す緻密で独創的な世界をじっくりお楽しみください。
イベント情報
アーティストトーク
作家から出品作品や制作についてのお話を伺います。
講師/ますむらひろし氏 [漫画家]
日時/2019年1月12日(土)10:00-11:00
場所:企画展示室
※参加ご希望の方は本展観覧券をお持ちの上、直接企画展示室にお越しください。

アーティスト対談
「賢治と盛岡ーイーハトーブの夢を紡いだ街」
作家が、親交のある宮沢賢治研究家と対談を行います。
講師/ますむらひろし氏 × 牧野立雄氏 [宮沢賢治研究家]
日時/2019年1月12日(土)13:00-14:30
場所/ホール
※参加ご希望の方は当日直接ホールにお越しください。参加無料です。

サイン会
日時/2019年1月12日(土)15:00-16:00
場所/ホール
※参加ご希望の方には、当日9:30よりグランド・ギャラリーの特設受付で整理券を配布します。整理券を受け取り、当日に特設売店にて『ますむらひろし 北斎画集』またはますむら氏著書をご購入の上、10分前までにホールにお越しください。なお、お一人様につき1冊限りです。

作家と巡る宮沢賢治ゆかりの地バスツアー
「ますむらさんとイーハトーブ波を受信しよう!」
宮沢賢治にまつわる場所を巡りながら、講師のお話を伺います。
講師/ますむらひろし氏、牧野立雄氏
日時/2019年1月13日(日)10:00-16:00
場所/当館、盛岡市内各所、小岩井農場周辺
対象/高校生以上一般
定員/15名
参加費:2,000円(昼食代、本展観覧料込)
応募方法:参加ご希望の方は、葉書、インターネットのいずれかでお申し込みください。
■葉書:①イベント名、②氏名(ふりがな)、性別、年齢(1枚につき1名)、③連絡先の郵便番号、住所、電話番号を明記し、当館宛てに送ってください。
■インターネット:当館ウェブサイト内の当イベント情報ページの申し込みフォームに入力してください。
※申し込み結果は葉書でお知らせします。定員を超えた場合は抽選になります。詳細は当館ウェブサイトでご確認ください。
応募締切/12月19日(水)必着

最上川ブラザーズ・トリオ!!
Live at Iwate Museum of Art
作家と親交のあるミュージシャンによるライブ。
作家自らが作詞・作曲した楽曲もたくさんお楽しみいただきます。
出演/岡田修氏(三味線、唄)、小峰公子氏(アコーディオン、唄)、ますむらひろし氏(ギター、唄)
スペシャルゲスト/白崎映美(最上川エミリー)氏(唄)
日時/2019年1月14日(月・祝) 14:00-15:30
場所/グランド・ギャラリー
※鑑賞ご希望の方は当日直接グランド・ギャラリーにお越しください。鑑賞無料です。

ヒデヨシと握手しよう!
美術館にヒデヨシがやってきます。ヒデヨシと握手して記念撮影ができます。
日時/2019年1月26日(土) 11:00-、14:00-(各回30分程度)
場所/グランド・ギャラリー
※参加ご希望の方は当日直接グランド・ギャラリーにお越しください。参加無料です。
※記念撮影をご希望の方はカメラをご持参ください。

当館学芸員によるギャラリートーク
日時/2019年1月4日(金)、1月18日(金)、2月1日(金)、2月15日(金) 14:00-(30分程度)
場所/企画展示室
※参加ご希望の方は本展観覧券をお持ちの上、直接企画展示室にお越しください。

アート・シネマ上映会
作家の原案や監修によるアニメーション作品をご覧いただきます。
①「銀河鉄道の夜」(1985年/107分)
日時/2019年1月20日(日) 14:00-15:47
②「イーハトーブ幻想~KENjIの春」(1996年/58分)
日時/2019年2月10日(日)11:00-11:58、14:00-14:58
※鑑賞ご希望の方は当日直接ホールにお越しください。鑑賞無料です。

展覧会会期中は、レストラン「パティオ」にて特別メニューをお楽しみいただけます。
ホームページ
http://www.ima.or.jp/exhibition/temporary/20190103.html
会場住所
〒020-0866
岩手県盛岡市本宮字松幅12-3
交通案内
盛岡駅 東口より
岩手県交通バス『盛南ループ200』乗車、「県立美術館前」下車
(左回り 盛岡駅東口バスプール⑩番乗り場 美術館まで約13分 200円)
(右回り 盛岡駅東口バスプール⑤番乗り場 美術館まで約31分 200円)

盛岡駅 西口から
・ 徒歩20分
・ タクシーで5分
ホームページ
http://www.ima.or.jp/
会場問合せ先
E-mail:info@ima.or.jp
岩手県盛岡市本宮字松幅12-3
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索